誰でも行ける?世界遺産スコータイへの行き方!

スコータイとは?


首都バンコクから北へ約400㎞、タイ北部の町スコータイは、1238年にタイ民族最初の王朝として誕生したスコータイ王朝の都として歴史が始まり、スコータイとは“幸福の夜明け”という意味をもつ。

1278年に初代国王の息子ラームカムヘーンが第3代国王に即位すると、優れた武人である彼の活躍によって王朝は栄華を極め、その絶大な勢力で国土を現在の隣国にまで拡大した。

しかし、彼の死後は徐々に勢力は衰退し、南部で新たにアユタヤ王朝が台頭し始めると、スコータイ王朝は1365年にアユタヤ王朝の属国となり、約140年という短いながらも輝かしい歴史に幕を下ろした。

その後、かつての都は数百年にわたってジャングルの中に埋もれていたが、タイ芸術局とユネスコによって当時の遺跡群は修復され、スコータイ王朝の王都スコータイ、第2の都市シー・サッチャナーライ、城壁都市カムペーン・ペッの3ヶ所が歴史公園に指定される。

当時の貴重な遺跡群が残るこれらの歴史公園は、1991年に“古代都市スコータイと周辺の古代都市群”として世界遺産に登録された。

スコータイはどんな町?


スコータイの町はヨム川沿いに広がり、市内の中心部はシンワット通りとチャロットウィティトン通りが交わる辺りで、この周辺には市場や屋台が軒を連ね、町とスコータイ空港を結ぶリムジンバスもこのすぐそばのバス乗り場から発着し、空港からここまでは所要30分ほど。

また、各地からのバスが到着するバスターミナルは市内の北西にあり、中心部までトゥクトゥクやソンテウ(乗合いバス)で10分ほどで着く。

遺跡が残るスコータイ歴史公園は市内の約12㎞西の、ムアン・カオ(Muang Kao:古い町)というエリアにあり、市内からはソンテウやトゥクトゥクで向かうのが一般的である。
町の中心部から西に進み、ヨム川を渡って200mほど行くと、ムアン・カオ行きのソンテウ乗り場があり、乗客が集まりしだい出発し、ムアン・カオの歴史公園内まで所要30分ほど。

スコータイ歴史公園への入園は?


歴史公園は城壁に囲まれた中心部、城壁の外の西部、北部、東部、南部という5つのエリアに分かれ、城壁内、西部、北部のそれぞれで入場料100Bを支払う仕組みになっている。

また、各エリアへの入場は自転車は10B、バイクは20B、車は50Bの追加料金が発生する。
開園時間は6:30~19:00、チケットの販売は18:00までで、チケット売り場は城壁内に2ヶ所、城壁外の西部と北部に1ヶ所ずつある。

シー・サッチャナーライ歴史公園への行き方と入園は?


スコータイから北へ約50㎞、シー・サッチャナーライ市内の約12㎞南のチャリエン地区(Charien)にある。
スコータイからはバスで所要90分ほどで、チャリエン地区を経由して市内まで行くので、あらかじめ運転手に歴史公園に行くと伝えておけばここで降ろしてもらえる。

チャリエン地区のバス停は歴史公園の約2㎞東にあり、歴史公園へはバス停前のお店でレンタサイクルやレンタバイクを借りるか、トゥクトゥクやモーターサイで向かうかになる。

開園時間は8:00~16:30、入場料は100B、車での入場は50Bの追加料金が発生する。
また、バス停の近くにあるワット・プラ・シー・ラタナー・マハータートへの入場は別途20Bかかる。

カムペーン・ペッ歴史公園への行き方と入園は?


スコータイから南西へ約70㎞、歴史公園は城壁に囲まれた旧市街と、北西のアランイック地区(Aranyik)の2つのエリアに分かれており、市内の繁華街は旧市街の南側の川沿いに位置する。

スコータイからはバスで所要90分ほどで、バスは歴史公園前と繁華街を経由し、市内から川を隔てた対岸のバスターミナルが終点なので、終点まで行かずに途中で降りた方がいい。

開園時間は6:00~18:00、入場料は150Bで、旧市街とアランイック地区どちらか片方の場合は100B。
また、アランイック地区への入場は自転車は10B、バイクは20B、車は50Bの追加料金が発生する。

日本からのアクセスと行き方


日本からタイへの直行便があり、バンコクのスワンナプーム国際空港まで所要5~6時間ほど。
バンコクからスコータイへは、飛行機の国内線かバンコク市内のバスターミナルからバスで移動する。
国内線は、スワンナプーム国際空港からバンコク・エアウェイズのフライトが毎日2便あり、スコータイ空港まで所要90分ほど。
バスは北バスターミナルから毎日30便ほどあり、スコータイまで所要7時間ほど。

空港からバンコク市内への移動手段

エアポートリムジン

空港の到着ロビーや荷物受け取りエリアの窓口で申込み可能で、料金もここで支払う。
料金は行き先や車種によって異なるが、市内中心部までは1300~1500Bほど。
24時間運行されており、市内まで所要30~60分ほど。

メータータクシー

空港ターミナルビル1階の4番と7番の出口の外に自動受付機が並んでおり、タッチパネルの画面に触れるとゲート番号が記された紙がプリントアウトされるので、この紙に記されたゲートに停まっているタクシーに乗車する。

この紙には運転手の氏名や車両番号、会社連絡先なども記されているので、忘れ物やトラブルがあった時のために捨てないでとっておいた方が良い。

市内までの料金は250~300Bほどで、このメーター料金と別途で手数料50Bを支払う。
この手数料は、空港の自動受付機でタクシーを手配したことで発生する料金である。
こちらも24時間運行されており、市内まで所要30~60分ほど。

エアポートバスA3

空港ターミナルビル1階の8番出口から出て、通りを渡ると駐車場ビル手前の通り沿いに乗り場があり、新しいエアコン付きのバスが使用されている。
空港南のバーンナー・トラート通りを経由し、市内南東のBTSウドムスック駅に着く。
運行時間は6:00~20:00で30~60分に1本で、料金は30B、所要時間は約40分。

エアポートレイルリンク(ARL:空港連絡鉄道)

空港ターミナルビル地下1階のスワンナプーム駅から、市内のパヤー・タイ駅を約30分で結ぶ全8駅の各駅停車の列車で、朝5:56~深夜0:30の間で大体15分おきに運行されている。
料金は降りる駅によって異なり、終点のパヤー・タイ駅までは45B。

パヤー・タイ駅と通路で繋がるBTSパヤー・タイ駅で別の路線に乗り換えれば、北バスターミナル最寄りのモーチット駅(Mo Cnit)に行くことができる。

路線バス

路線バスは空港敷地内のパブリック・トランスポーテーション・センター始発で、ここまではターミナルビル2階から空港敷地内を巡回する無料のシャトルバスで10分ほど。
バスはエクスプレス(Express)とオーディナリー(Ordinary)の2種類があるが、オーディナリーは時間がかかるので利用するならエクスプレスがオススメ。
市内までは所要1~2時間、料金は34Bで、窓口か乗車時に運転手に支払う。

通貨と言語とビザについて

通貨はバーツ(Baht)で表記はB、補助通貨はサタン(Satang)で表記はS。
公用語はタイ語だが、観光地のホテルやレストランでは英語が通じる所もある。
日本人の観光目的でのタイへの入国は、空路の場合はタイ出国用の航空券(eチケットでも可)を持っていれば、ビザなしで最大30日間滞在可能。

陸路や海路で入国する場合はビザなしで最大15日間滞在可能。
これ以上タイに滞在する場合は、事前に観光ビザの取得が必要となる。
ビザに関しての詳細はこちら。
タイへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

この世界遺産に関する詳細はこちら
古代都市スコータイと周辺の古代都市群:観光情報まとめ

基本情報はこちら
タイの基本情報

気候に関してはこちら
タイの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら