イグアス国立公園 観光情報まとめ

世界遺産の概要


アルゼンチン、ブラジル、パラグアイの3ヵ国に渡って流れるイグアス川の下流に位置するイグアスの滝は、北米のナイアガラ、アフリカのヴィクトリアと並ぶ世界三大瀑布のひとつに数えられる。

しかしそのスケールは段違いで、ナイアガラの滝が幅670m・260m・15mの3つの滝から成るのに対し、イグアスの滝は幅約4㎞に渡って275もの滝が連なり、最大落差は80m、水量は毎秒6500tを誇る。
イグアスの滝を訪れたかつてのアメリカ大統領ルーズベルトの夫人は“かわいそうな私のナイアガラ”とつぶやき、その圧倒的な規模の大きさに驚いた。

イグアスの名の由来は、この地の先住民族グアラニーの言葉でイグ(Igu)は水、アス(Azu)は壮大なものへの感嘆を示す言葉で、イグアスとは“大いなる水”という意味をもつ。
アルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝と、周辺の亜熱帯を含む一帯2256㎢がイグアス国立公園に指定され、そのアルゼンチン側が1984年に、ブラジル側が1986年に世界遺産に登録された。
iguazu-322695_1280

アルゼンチン側の拠点はプエルト・イグアス


アルゼンチン側のイグアスの滝の観光の拠点となるのが、プエルト・イグアスという町。
イグアスの滝から約15㎞の距離にある小さな町で、町自体に見どころはなく、各地からのバスが発着するバスターミナルを中心にしてホテルやレストラン、旅行会社や観光案内所がある程度。
プエルト・イグアスの旅行会社公式サイトはこちら。
Roa Tour
Jungle Bike

プエルト・イグアスへの移動手段

プエルト・イグアスへはブエノス・アイレスからVia Bariloche社、Tigre Iguazu社、Expreso Singer社などのバスが毎日数便あり、所要17~20時間ほど。

その他にも主要都市からプエルト・イグアス行きのバスがあり、コルドバからはExpreso Singer社のバスで所要19~22時間、サルタからはFlecha Bus社のバスで所要25~27時間。
これらのバスは、プエルト・イグアス中心部のバスターミナルに到着する。

ここからRio Uruguay社がイグアスの滝へのバスを運行しており、所要20~30分ほど。
バス会社公式サイトはこちら。
Via Bariloche
Tigre Iguazu
Expreso Singer
Flecha Bus

プエルト・イグアス市内から約18㎞、イグアスの滝から約2㎞の所にあるイグアスの滝国際空港へは、国内外の各地からフライトがある。
空港から市内へはFour Tourist Travel社のミニバスで所要30分ほど。
空港からイグアスの滝へは、タクシーで所要20分ほど。

アルゼンチン側のイグアスの滝について


プエルト・イグアスからのバスが到着するバス停のすぐそばがイグアス国立公園の入園ゲートで、ここでパスポートなどのIDを提示し、入園料$330を支払いチケットと地図を受け取って入園する。
入園すると、すぐに園内の解説や展示を行うビジターセンターがあり、さらに進むとおみやげ屋やツアー案内ブースがあり、その先に園内を走る鉄道駅がある。

イグアスの滝の約80%はアルゼンチン側にあるため、時間に余裕がなく片側しか見学できない場合は断然アルゼンチン側がオススメで、“これぞイグアスの滝”という迫力を間近で感じられる。
※入園料は2016年5月1日に$330に値上がりした。
アルゼンチン側のイグアス国立公園公式サイトはこちら。
Iguazú Argentina

アルゼンチン側の園内は鉄道で移動する

園内の鉄道駅は3つあり、利用料は全て入園料に含まれている。
まずビジターセンターそばのセントラル駅、滝の上下を進む遊歩道そばのカタラタス駅、そして悪魔の喉笛への遊歩道そばのガルガンタ・デル・ディアブロ駅。

滝の上下を進む遊歩道について

カタラタス駅から延びるこの遊歩道は、滝の上を行く全長650mのアッパー・トレイルと、滝の下を行く全長1700mのロウワー・トレイルの2つがある。
ロウワー・トレイルの途中からは、イグアス川中洲のサン・マルティン島への渡し舟や、スピードボートで滝壺へ向かうアベントゥラ・ナウティカ乗り場などがある。

悪魔の喉笛への遊歩道について

ガルガンタ・デル・ディアブロ駅のすぐそばに遊歩道の入口があり、遊歩道の全長は約1.1㎞。
悪魔の喉笛はイグアスの滝で最大の規模を誇る滝で、この遊歩道を進んだ先の展望台からは、悪魔の喉笛が轟音とともに流れ落ちる様子を間近で見ることができる。

太陽が出ていれば、滝の水しぶきによってどこかしらに虹が出る。
また、ここは滝との距離が近いため、大量の水しぶきでびしょ濡れになるので注意が必要。
入園ゲートそばのおみやげ屋でポンチョやカッパなどが販売されている。
iguazu-1564757_1920

ブラジル側の拠点はフォス・ド・イグアス


ブラジル側のイグアスの滝の観光の拠点となるのが、フォス・ド・イグアスという町。
イグアスの滝から約28㎞の距離にある町で、パラナ川の対岸にあるパラグアイの町シウダー・デル・エステとは“友情の橋”で結ばれ、両国の人々が行き交うこの国境は日本人も通過することができる。
イグアスの滝へは、町の北側にある近距離バスターミナル(T.T.U)からバスが出ている。

フォス・ド・イグアスへの移動手段

フォス・ド・イグアスへはリオデジャネイロから毎日4便程度バスがあり、所要約22時間。
サンパウロからも毎日8便程度バスがあり、所要約17時間。
これらのバスは、フォス・ド・イグアス郊外の長距離バスターミナルに到着する。
町の中心部までは約7㎞あり、タクシーやバスで15~20分ほど。

また、長距離バスターミナルで“T.T.U”と表示されたバスに乗れば、イグアスの滝へのバスが出ている近距離バスターミナルへ行くことができる。
近距離バスターミナルから、No.120の市バスでイグアスの滝まで所要40分ほど。

リオデジャネイロやサンパウロからはフォス・ド・イグアス国際空港へフライトがあり、所要2時間ほど。
空港はフォス・ド・イグアス市内とイグアスの滝の中間に位置し、市内やイグアスの滝へはバスやタクシーを利用する。

また、空港を出て左に行った所にあるバス停からT.T.Uと表示されたバスに乗れば、市内の近距離バスターミナルに行くことができる。

ブラジル側のイグアスの滝について


フォス・ド・イグアスからのバスが到着するバス停のすぐそばがイグアス国立公園の入園ゲートで、ここでパスポートなどのIDを提示し、入園料R$57.3を支払いチケットと地図を受け取って入園する。
入園するとすぐにバス乗り場がある。

アルゼンチン側ほどの迫力は感じられないが、滝の全貌を見渡すことができ、園内のバスをうまく利用すればほとんど歩かずに観光できるという利点もある。
ブラジル側のイグアス国立公園公式サイトはこちら。
Cataratas do Iguaçu S.A.

ブラジル側の園内はバスで移動する

園内のバス停は6つあり、利用料は全て入園料に含まれている。
1つ目は入園ゲート前、2つ目は公園スタッフの施設前、3つ目と4つ目は旅行会社主催ツアーの出発地点前、5つ目はホテル前、6つ目がレストラン前で、ツアーに参加しないなら5つ目のバス停を目指したい。

バス停を降りるとホテルがあり、すぐそばに森の中を抜けるトレイルがある。
滝を眺めながらトレイルを20分ほど進んでいくと、川の上から滝の前に張り出している橋が見えてくるが、これが悪魔の喉笛の展望橋である。

悪魔の喉笛の展望橋について

ブラジル側で最も滝の迫力を感じられるのがこの展望橋の先端で、正面には悪魔の喉笛が、左側とその下にも滝があり、先端に立つと周囲を滝に囲まれているようになる。
展望橋のふもとには階段とエレベーターがあり、ここを上がると6つ目のバス停のすぐそばに出る。
レストランの他にもおみやげ屋などがあり、ここからバスに乗れば入園ゲートに戻れる。

太陽が出ていれば、滝の水しぶきによってどこかしらに虹が出る。
また、風向きによっては滝の水しぶきで濡れることがあるので注意が必要。
展望橋そばのおみやげ屋でポンチョやカッパなどが販売されている。
brazil-1128568_1920

イグアスの気候


南米大陸の大部分を占めるブラジルとアルゼンチンは、その広大な土地に様々な自然環境をもち、気候も熱帯雨林気候から亜熱帯気候まで幅広く、地域によってその特徴が大きく異なる。
ブラジル南西部、そしてアルゼンチン北東部に位置するイグアスの滝は、高温多湿な亜熱帯気候に属し、年間を通じて雨が多くて気温が高い。

イグアスはとても雨の多い地域で、年間降水量は1900㎜を超える。
年間平均気温は21℃で、最も暑い12~2月の平均最高気温は31℃、平均最低気温は20℃、最も涼しい6月の平均最高気温は20℃、平均最低気温は10℃。

特に雨が多い10~11月・1~2月・4~5月の降水量は、1ヶ月に200㎜を超えることもある。
しかし、これ以外の時期も毎月100~150㎜前後の雨が降る。
観光のベストシーズンは雨季で滝の迫力が増す10~2月頃。

イグアスの滝周辺の国境での入国審査の有無について


イグアスの滝周辺は、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの国境があり、この中で唯一ブラジルだけは、入国にビザが必要な国である。
日本の在名古屋ブラジル総領事館のホームページの“よくある質問と回答”の欄には、

Q.アルゼンチンからブラジル側イグアスの滝を日帰りで観光する場合もビザは必要ですか。
A. はい。ブラジルを観光される日本国籍の方は、例え1日でも観光査証が必要です。

と記されている。
しかし実際には、アルゼンチンとパラグアイからイグアスの滝を日帰りで観光する目的で、滝周辺の国境から陸路で入国する多くの旅行者は、ビザの取得も入国審査もせずにブラジルへ入国している。
そのため、国境を通るバスはイミグレーションで停車することなく、手続きを一切せずに隣国へと入国してしまう。
iguazu-falls-1490834_1920

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からアルゼンチンやブラジルへの直行便はなく、アメリカのダラス、ヒューストン、アトランタ、ニューヨークなどを経由してアルゼンチンのブエノス・アイレス郊外のエセイサ国際空港、もしくはサンパウロやリオデジャネイロに向かうのが一般的で、大抵のフライトは日本を夕方に出発し、翌日の早朝にアルゼンチンやブラジルに到着する。

経由地や航空会社によるが、所要時間は乗り継ぎ込みで25~32時間ほど。
その他では、ヨーロッパや中近東の主要都市、シンガポール経由のフライトもある。
また、アメリカ経由でアルゼンチンやブラジルへ向かうには、事前にESTAの取得が必要。
ESTAに関しての詳細はこちら。
アメリカへの入国とESTA取得方法

各地のバスターミナルについて

ブエノス・アイレスからプエルト・イグアス行きのバスは、ブエノス・アイレス市内のレティーロ駅(Estacion Retiro)北側にある3階建ての長距離バスターミナル(Terminal de Omnibus de Retiro)から出ている。

リオデジャネイロからフォス・ド・イグアス行きのバスは、リオデジャネイロ市内から約5㎞北の長距離バスターミナル(Rodoviaria Novo Rio)から出ている。

サンパウロからフォス・ド・イグアス行きのバスは、サンパウロ市内から約4㎞北西のバハ・フンダ長距離バスターミナル(Barra Funda Terminal Rodoviaria)から出ている。

アルゼンチンの通貨と言語とビザについて

通貨はアルゼンンチン・ペソ(Argentina Peso)で記号は$、補助通貨はセンターボ(Centavo)で記号は¢。
公用語はスペイン語だが、観光地にある旅行者向けのホテルやレストランでは英語が通じる所もある。
また、日本人の観光目的でのアルゼンチンへの入国は、3ヶ月以内であればビザは不要。

ブラジルの通貨と言語とビザ

通貨はレアル(Real)で記号はR$、補助通貨はセンターボ(Centavo)で記号は¢
公用語はポルトガル語だが、観光地にある旅行者向けのホテルやレストランでは英語が通じる所もある。
また、日本人のブラジルへの入国はビザが必要。
ビザに関しての詳細はこちら。
ブラジルへの入国とビザ取得方法

関連記事はこちら
陸路で入国できるブラジル~アルゼンチン間の国境とルート
陸路で入国できるブラジル~パラグアイ間の国境とルート

基本情報はこちら
アルゼンチンの基本情報
ブラジルの基本情報

気候に関してはこちら
アルゼンチンの気候とベストシーズン
ブラジルの気候とベストシーズン

アルゼンチンのその他の世界遺産に関する情報はこちら
コルドバのイエズス会管区とエスタンシアス
ケブラーダ・デ・ウマワーカ
ロス・グラシアレス国立公園

合わせて読みたい記事はこちら