ブラジル旅行・観光のビザの申請・取得

ブラジル観光・旅行での入国とビザ申請・取得方法

日本人がブラジルへ入国するには、事前にビザを申請・取得する必要がある。
2018年1月11日より電子査証システム(e-ビザ)の導入が開始され、オンライン上で全ての手続きを完了できるようになった。

観光など短期の滞在の場合は、このe-ビザでブラジルに入国することができる。

e-ビザの導入に関する詳細はこちら。
在東京ブラジル総領事館:査証(ビザ)

現在も通常の観光ビザを扱ってはいるが、直接大使館に行かなければ申請できないこと、さらにe-ビザよりも申請・取得にかかる費用が高いことから、こちらを利用するメリットはない。

以上のことから、ここでは観光ビザに関しては割愛し、e-ビザの申請・取得に関して書いていく。

e-ビザの詳細と必要書類について


  • 有効期間
    有効期間はe-ビザの発給から2年間で、最長で90日間滞在可能。
  • ビザ手数料
    ビザの申請・取得にかかる全費用は44.24USドル。
    内訳はビザ手数料40USドル+サービス料4.24USドル。
    2018年8月現在、44.24USドルは日本円で約4950円。
  • 必要書類
    パスポートの顔写真のページ、背景が白の顔写真(証明写真)。
    この2つを申請時にアップロードする。
  • 処理時間
    通常は申請から5営業日。

e-ビザの申請・取得の方法


e-ビザの申請は下記のサイトから行う。
この申請サイトは、ブラジル政府とe-ビザ申請を処理する契約を結んでいる企業が運営している。
VFSグローバル

上記のサイトにアクセスし、赤枠の「申請する」をクリック。

ブラジル観光・旅行の入国とビザ申請・取得

次に赤枠の「登録」をクリックし、申請者情報の登録画面に移る。

ブラジル観光・旅行の入国とビザ申請・取得

赤枠にメールアドレスと希望するパスワード、画面に表示されたセキュリティーコードを入力し、矢印の「submit」をクリックすると登録が完了し、このメールアドレスに登録完了のメールが届く。

ブラジル観光・旅行の入国とビザ申請・取得メールが届いたら再びサイトに戻り、赤枠にメールアドレス(ユーザーID)とパスワードを入力してログインし、矢印の「サインイン」をクリックしてe-ビザの申請に進む。

ブラジル観光・旅行の入国とビザ申請・取得

あとは必要事項を入力し、パスポートの顔写真のページと証明写真をアップロードし、料金の支払い(クレジットカード決済)に進む。

料金の支払いが完了するとメールが届き、入力した内容やアップロードした画像に不備がなければ5営業日でビザが添付されたメールが届く。
もし何かしらの不備があった場合は、メールで知らせてくれる。

あとは添付されたビザを印刷し、ブラジルの入国審査時にパスポートと共に提示しましょう。

各領事館ウェブサイトはこちら。
在東京ブラジル総領事館
在浜松ブラジル総領事館
在名古屋ブラジル総領事館

南米諸国でビザを申請・取得する


南米諸国のブラジル領事館では、日本人でもビザの申請・発給を受けることができる。
対応は国やその時の係員によってまちまちだと言われており、航空券やバスチケットの提示を要求されたりされなかったり、要求されたが持っていなくても無事にビザが発給されたりと様々。

パラグアイとウルグアイの領事館は“ビザが取得しやすい”という話をよく聞くが、実際にはこの2ヶ国だけでなく、多くの旅行者がアルゼンチン、ボリビア、ベネズエラなどの領事館でも申請をし、即日〜3日程度で簡単にビザを取得している。

ほとんどの領事館には申請フォーム入力用のパソコンが設置されているので、何もせずに領事館に行き、その場で申請書を作成しても問題ない。
また、ビザの申請・取得にかかる料金も国によって異なる。

基本情報はこちら
ブラジルの基本情報-時差、言語、人口、宗教、首都、飲料水など

気候に関してはこちら
ブラジルの気候と観光・旅行のベストシーズン

ブラジルの世界遺産に関してはこちら
イグアス国立公園 観光・旅行情報まとめ

合わせて読みたい記事はこちら