カンボジアの基本情報

正式国名

カンボジア王国 Kingdom of Cambodia

国土面積

18万1035㎢ (日本の約半分)

首都

プノンペン Phnom Penh

人口

約1470万人。

宗教

ほとんどのカンボジア人は仏教徒だが、一部の少数民族はイスラム教徒。

言語

公用語はクメール語。
しかしフランスの植民地だった影響からフランス語を話せる人も多く、観光地の店などでは英語が通じる所が多い。
また、近隣諸国のタイ語、ベトナム語、中国語を話せる人も多い。

通貨

通貨はリエル(Riel)で国際通貨コードはKHR。
硬貨はなく、流通しているのは紙幣のみで、USドルも紙幣のみ流通している。
ただしUSドルは、街角の屋台や売店などでは使えない場合もある。

チップ

チップの習慣は無いので基本的には不要だが、高級なレストランやホテルでは1~2USドルほど置いてくるのがいいでしょう。
高級店でも料金にサービス料が含まれている場合はチップは不要。
また、ガイドや専属ドライバーには1日1~3USドルほどのチップが目安。
高級店以外の店やタクシーなどではチップは不要。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方が良い。
飲料水は各所で売られているミネラルウォーターを。

電圧とプラグ

220Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形はA型とC型が多く、まれにSE型がある。(日本はA型)

習慣とマナーと注意事項

カンボジアでの挨拶は、握手よりも手を合わせる合掌が一般的。
寺院を参拝する際は短パンやミニスカートは避ける。
僧侶には常に敬意を払い、女性は僧侶に話しかけたり触れたりしてはいけない。
人の頭には神が宿ると考えられているため、人の頭を触ったり子供の頭を撫でたりしてはいけない。

日本との時差

日本より2時間遅れ。(日本が正午の時にカンボジアは午前10時)

日本からのフライト

日本からカンボジアへの直行便はなく、ベトナムのハノイやホーチミン、タイのバンコク経由でカンボジアのシェムリアップ国際空港、もしくはプノンペン国際空港に行くのが一般的だが、シンガポールや香港、韓国のソウル経由の便もある。
日本からのフライト時間はハノイやホーチミン、バンコクまで約6時間、ここからシェムリアップ、プノンペンまで約1時間。

ビザ

日本人のカンボジアへの入国にはビザが必要。

ビザに関しての詳細はこちら
カンボジアへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

気候に関してはこちら
カンボジアの気候とベストシーズン

カンボジアの世界遺産に関する情報はこちら
アンコール

合わせて読みたい記事はこちら