陸路で入国できるブルネイ~マレーシア間の国境とルート

ブルネイ~マレーシア間は、外国人に解放されている国境がいくつかあり、日本人もこの国境を通過して両国を行き来することができる。
陸路で国境を越えるための一般的な移動手段はバスで、ブルネイの首都であるバンダル・スリ・ブガワンとマレーシアの都市を結ぶ国際バスが運行されている。
また、両国への入国は観光目的であればビザは不要。

ブルネイ~マレーシア間の国境とルート


マレーシアのミリ(Miri)~ブルネイへのルート

ミリ郊外のプジェット・コーナー(Pujut Corner)にある長距離バスターミナルから、バンダル・スリ・ブガワン行きの直行バス“PHLSエクスプレスバス”が運行されている。
所要時間は出入国審査を含めて4時間ほどで、クアラ・ブライト(Kuala Belait)やセリア(Seria)に立ち寄りながらブルネイの首都に向かう。
現在の運行は1日2本で、ブルネイ側からも同様のルートのバスが運行されている。

マレーシア国内からミリへの移動は、飛行機の場合は主要都市から毎日数便フライトがあり、クアラルンプールから所要2時間、コタ・キナバルやクチンからは所要1時間ほど。
長距離バスの場合は、クチンから所要15時間、シブから所要6時間ほど。
また、ミリ市内からプジェット・コーナーの長距離バスターミナルへは、タクシーで10分ほどで着く。

マレーシアのコタ・キナバル(Kota Kinabalu)~ブルネイへのルート

コタ・キナバル市内の高裁前バスターミナルから、バンダル・スリ・ブガワン行きのバス“ジェッセルトン・エクスプレス(Jesselton Express)”が運行されている。
現在の運行は1日1本のみで、出発AM8:00~到着PM16:30の所要8時間30分の道のりとなる。

途中でブルネイの飛び地を通るため、イミグレーションで何度か出入国の手続きが必要になるが、上記の所要時間にはこれらの手続きにかかる時間も含まれている。
また、ブルネイ側からも同様の時間とルートのバスが運行されている。

マレーシア国内からコタ・キナバルへは、各地の空港から国内線のフライトがあるほか、ボルネオ島の各都市と長距離バスで結ばれている。
ジェッセルトン・エクスプレスを運行するバス会社公式サイトはこちら。
Sipitang Express

海路での国境越えに関してはこちら
海路で入国できるブルネイ~マレーシア間の国境とルート

基本情報はこちら
マレーシアの基本情報
ブルネイの基本情報

気候に関してはこちら
マレーシアの気候とベストシーズン
ブルネイの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら