誰でも行ける?台湾南西の離島、小琉球への行き方!

台湾本島の屏東県の約15㎞南西に位置する小琉球は、台湾の島の中で唯一の珊瑚礁でできた島で、海水で珊瑚礁が浸食されてできた珍しい形の奇岩や洞穴が見どころになっている。
大鵬湾国家風景区内にある小琉球は周囲を美しい海に囲まれ、年間平均300日も晴天に恵まれる気候をしていることから、海から昇る日の出を眺めるスポットとしても人気が高い。

台湾本島からのアクセス


屏東県の東港埠頭からほぼ毎日数便あり、島まで船で所要20~30分ほど。
小琉球行きの船には民営と公営の2種類があり、民営は島の繁華街に近い北部の白沙尾漁港に、公営は東部の大福漁港に到着する。
小琉球の周囲は約12㎞で、遊覧バスが運行されているほか、レンタサイクルやレンタバイクもある。

基本情報はこちら
台湾の基本情報

気候に関してはこちら
台湾の気候とベストシーズン

台湾のその他の離島に関する情報はこちら
台湾本島の西の沖合の金門島
台湾本島の西の沖合の澎湖島
台湾本島の南東の沖合の蘭嶼島
台湾本島の南東の沖合の緑島

合わせて読みたい記事はこちら