誰でも行ける?台湾西の離島、金門島への行き方!

金門島は福建省に属する小島群で、中華人民共和国の大陸と数㎞の距離に位置するが、中国領ではなく台湾の支配下にあり、中国大陸とは高速船で結ばれている。
金門島のいくつかの集落では、中国大陸ではほとんど見られなくなった伝統的な家屋や生活様式が見られるほか、台湾本島における約50年に及ぶ日本統治の影響も受けていないため、現在の中国大陸とも台湾本島とも異なる町並みが現在も残されている。

台湾本島からのアクセス


台北、台中、台南、高雄、嘉義、澎湖島などから金門尚義空港へのフライトがあり、島まで所要約1時間。
空港から金門島の市内へは、島最大の町である北部の金城、東部の山外までバスやタクシーで約20分。

金門島から小金門島へのアクセス


金門島の約1㎞西の沖合に位置する小金門島は、面積5㎢ほどの小さな島である。
金門島西部の水頭フェリー埠頭から、小金門島の九宮埠頭までフェリーで所要20分ほど。
将来は、この2つの島は橋で結ばれる予定である。

金門島から中国大陸へのアクセス


金門島と中国大陸は高速船で結ばれており、外国人もこれを利用して両国を行き来することができる。
金門島の水頭フェリー埠頭から、中国大陸の福建省廈門の五通埠頭や泉州の石井埠頭を結ぶ航路があるが、外国人が利用できるのは五通埠頭行きのみで、両替所は水頭フェリー埠頭内にある。
空港などと同様の手続きを行ってから高速船に乗り、中国大陸まで所要1時間ほど。

基本情報はこちら
台湾の基本情報

気候に関してはこちら
台湾の気候とベストシーズン

台湾のその他の離島に関する情報はこちら
台湾本島の西の沖合の澎湖島
台湾本島の南東の沖合の蘭嶼島
台湾本島の南東の沖合の緑島
台湾本島の南西の沖合の小琉球

合わせて読みたい記事はこちら