ミャンマーへの観光・旅行での入国とビザ申請・取得方法

Share Buttons

日本からミャンマーへの入国にはビザを取得する必要がある。
ビザは数種類あるが、観光目的の場合は観光ビザを取得する。

ビザの申請・取得はミャンマー連邦共和国大使館かミャンマー大使館公認のミャンマー渡航支援情報センター(西日本ビザセンター)の窓口、もしくは郵送、またはミャンマー入国時にビザが受け取れるe-ビザでの手続きを行う。

観光ビザはe-ビザも含め、有効期間は発給から3ヶ月、滞在可能期間は最長28日間。
また、ヤンゴン国際空港でのみ、入国時にビザの発給が受けられるアライバルビザがあるが、対応しているのはビジネスビザとエントリービザだけで、観光ビザの発給は不可。

通常の観光ビザの申請・取得方法に関する詳細はこちら。
また、こちらのセンターではe-ビザの申請・取得の代行もしている。
ミャンマー渡航支援情報センター(西日本ビザセンター)

e-ビザで申請して入国時に取得する

ミャンマー政府のeビザサイト上で申請し、ミャンマー入国時にビザを受け取ることができる。

申請時にはサイズが縦48㎜×横38㎜で背景が白のカラー写真(証明写真)のデータを、サイト上にアップロードする必要がある(データサイズは2MB以内)。

申請料はUS$50、支払いはクレジットカードでのみ可能で、利用できるカードはビザ、マスター、アメリカンエクスプレス、JCBの4種類。

サイト上に必要事項を入力して支払い手続きが完了すると、1時間以内に受領通知がメールで届く。
その後、3営業日以内にeビザ承認書がメールで届くので、この承認書を印刷する。

印刷した承認書とパスポートを入国審査時に提出する。
ミャンマーの空港にeビザ用のカウンターはなく、通常の入国審査のカウンターに向かう。

現在eビザで入国可能なのは、ヤンゴン国際空港、ネピドー国際空港、マンダレー国際空港の3ヶ所。
また、もしなんらかの理由でビザが発給されなくても、申請料は返還されない。

ミャンマー政府のe-ビザ申請サイトはこちら。
Ministry of Labour, Immigration and Population

タイで申請して取得する

タイのバンコクにある、在バンコクミャンマー大使館でビザの取得ができる。
大使館で必要書類を提出してレシートを受け取る。(パスポートを一時的に預ける)
指定された日時に再度訪れてレシートを提示し、ビザが捺印されたパスポートを受け取る。
必要書類は下記の通り。

  • パスポート

  • パスポートのコピー

  • 縦45㎜×横35㎜の証明写真

  • 申請書

  • 申請料
    即日発給は1260バーツ、翌営業日発給は1035バーツ、翌々営業日発給は810バーツ。

大使館の近くには黄色い看板を掲げ、全ての必要書類の用意と申請書の記入を行ってくれる店が何軒もあるので、パスポートと申請料だけ持参すれば問題ない。
店によっても異なるが、料金は全て込みでだいたい150バーツほど。

タイから陸路で入国する

タイからミャンマーへは陸路で入国することができる。
また、ビザを取得しなくても、エントリー・パーミットを取得すればミャンマーへ入国できる。

エントリー・パーミットは、陸路国境のミャンマー側イミグレーション・オフィスで取得できる。
その場で即日発給、料金はUS$10、必要なものはパスポートのみ。

エントリー・パーミットでの滞在可能期間は最長で14日で、取得条件として、同じ国境からタイに戻ること、そして行動範囲が限られることの2つがある。

手続き後、パスポートをイミグレーションオフィスに預けるよう求められることがあるが、その場合はミャンマー滞在中の身分証明書はエントリー・パーミットだけになる。

タイに戻る際にイミグレーションオフィスにエントリー・パーミットを渡すと、パスポートが返却されるシステムになっている。

陸路で入国できる主な国境は下記の4ヶ所で、行動範囲は入国した国境によって異なる。

  • タイ側メーサイ~ミャンマー側タチレク間 Mae SaiーTachileik

  • タイ側メーソート~ミャンマー側ミャワディ間 Mae SotーMyawaddy

  • タイ側プー・ナム・ローン~ミャンマー側ティーキー間 Phu Nam RonーThi Khi

  • タイ側ラノーン~ミャンマー側コータウン間 RanongーKawthaung

各公式サイトはこちら
ミャンマー連邦共和国大使館
在ミャンマー日本国大使館
在バンコクミャンマー大使館

気候に関してはこちら
ミャンマーの気候と観光・旅行のベストシーズン

基本情報はこちら
ミャンマーの基本情報-時差、言語、人口、宗教、首都、飲料水など

在バンコクミャンマー大使館の場所はこちら

合わせて読みたい記事はこちら

Share Buttons