アメリカへの入国とESTA取得方法

VWP(ビザ免除プログラム)対象国である日本からアメリカへの入国は、90日以内の滞在であればビザ不要だが、ESTA(電子渡航認証システム)の取得が必要。

VWP(ビザ免除プログラム)とは


VWPとは、特定の国籍の人がアメリカに渡航する場合、有効なパスポート、往復か次の目的地までの航空券・乗船券を所持し、目的が短期の商用や観光であれば、ビザなしでアメリカに90日以内の滞在が可能となるプログラム。

しかし、陸路以外で入国する場合は事前にESTA(電子渡航認証システム)の取得が必要。
また、パスポートの残存有効期間はアメリカ入国日から90日以上必要。

ESTA(電子渡航認証システム)とは


ESTAとは、米国国土安全保障省により2009年1月12日から義務化されたオンラインシステム。
VWPでアメリカに短期の商用や観光目的で入国する全ての渡航者は、アメリカ行きの航空機や船に搭乗する前に、公式のESTA申請サイトで申請を行い、渡航認証を受ける必要がある。
また、アメリカを経由して他国に渡航する際も、この渡航認証を受ける必要がある。

ESTAの申請は渡航の72時間前までに行う必要があり、申請料としてUS$14かかる。
支払い方法はクレジットカードのみで、MasterCard、VISA、American Express、Discover (JCB, Diners Club)が使用できる。

申請をして料金を支払うと、72時間以内に申請結果が出る。(結果は申請サイトで確認できる)
また、ESTAの有効期間は2年間で、期間内であれば何度でも渡航可能。
しかし、パスポートの残存有効期間が2年未満の場合は、パスポートの有効期間までとなる。

申請する際には、パスポート情報、両親の名前、連絡先、勤務先、アメリカでの連絡先(宿泊するホテルの情報)、緊急連絡先などの必要事項を全てローマ字で入力する。
これら全てを入力するのに、所要時間は20分ほど。

ESTA申請サイトはこちら
U.S. Customs and Border Protection

最新情報はこちら
在日米国大使館・領事館

基本情報はこちら
アメリカの基本情報

気候に関してはこちら
ハワイ諸島の気候とベストシーズン

アメリカの世界遺産に関する情報はこちら
ハワイ火山国立公園

合わせて読みたい記事はこちら