航空券に表示されてるオープンジョーの意味と周遊との違いとは?

Share Buttons

Q. 航空券の周遊ってなんですか?


オープンジョーの前に周遊について知りたいんですが・・・。

A. 周遊とは全ての移動を飛行機で行い、現地の到着空港と出発空港が異なる航空券のことです!

この画像のような感じです。

通常の往復航空券の場合は日本からパリに行き、パリから日本に戻ってきます。
しかし、周遊チケットの場合はパリからさらに飛行機でロンドンに行き、ロンドンから日本に戻ってきます。

2つの都市を観光したい!」という時に便利な航空券です。
また、2つ以上の国や都市を周遊する航空券もあります。

Q. 航空券のオープンジョーの意味は何ですか?


周遊の意味はわかったんですが、オープンジョーとは何ですか?

A. オープンジョーとは、途中の都市間を飛行機以外で移動する時に利用する航空券です!

この画像のような感じです。

 

 

周遊は都市間(到着空港〜出発空港)を飛行機で移動しますが、オープンジョーでは都市間をバスや鉄道など好きな手段で移動します。
この都市間の移動費は自腹で、移動手段も自分で手配する必要がありますが、周遊よりも自由度が高いのが特徴です。

また、周遊では飛行機の移動は全て同じ航空会社を利用することが多いですが、オープンジョーでは都市間の移動に別の航空会社を利用することが可能です。
その分の航空券の手配をする必要がありますが、格安の航空券を見つければ周遊よりも運賃を抑えることもできます。

まとめ


周遊は「複数の都市を全て飛行機で移動」、オープンジョーは「都市間を好きな方法で移動」する航空券です。
目的に合わせて最適な航空券を選びましょう。

現地の人達とコミニュケーションを取るのも観光・旅行の楽しみの1つだと考える人なら、ローカルな鉄道やバスを利用した移動もいい思い出になるでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら

Share Buttons