航空券に表示されてるストップオーバーってどういう意味?

Share Buttons

Q. 航空券のストップオーバーってなんですか?


海外の航空券を探していると「ストップオーバー可能」という表示をよく見ますが、これはどういう意味なのでしょうか?

A. ストップオーバーとは、目的地に向かう途中の乗継ぎ地(経由地)に24時間以上滞在することです!

日本語では「途中降機」と呼ばれ、追加料金を支払えば乗継ぎ地に24時間以上滞在することができます。

Q. 何の為に24時間以上滞在するのですか?


早く目的地に行きたいんですけど、何の為にお金を払ってまで長時間滞在するのですか?

A. 目的地以外の都市を観光・旅行する為です!

例えば、シンガポール経由パリ行きの航空券を購入して飛行機に乗るとします。
シンガポールも観光したい!」と思ったら、ストップオーバーを利用して24時間以上滞在すれば、シンガポールも観光することができます。

パリ行くけど、シンガポールも興味あんのよ
ストップオーバー使えばシンガポールも観光できるよ
1回の旅行で2つの都市を観光できるのか
追加料金はかかるけど、お得でしょ
うん、お得

Q. 利用する際の注意点はありますか?


ストップオーバーを利用してみたいんですが、注意点はありますか?

A. 注意点はあります!

まず、乗継ぎのある全ての便でストップオーバーが利用できる訳ではないので、購入する前に確認する必要があります。

また、乗継ぎ地の国への入国にビザが必要な場合は、事前にビザの申請・取得をしたり、乗継ぎ地の空港でビザの手続きをしなければいけません。
ストップオーバーを使用する際は、事前に乗継ぎ地の情報も調べておくといいでしょう。

Q. トランジット(乗継ぎ)との違いは何ですか?


ストップオーバーの事はわかったんですが、トランジットとの違いは何ですか?

A. 乗継ぎ地での滞在時間です!

航空会社によって異なる場合もあるが、基本的には乗継ぎ地での滞在時間が24時間未満なら「トランジット」、24時間以上なら「ストップオーバー」となります。

ただし、24時間未満の滞在でも、滞在中に日付をまたいだり空港の外に出たりすると、ストップオーバーという扱いになる場合もあります。

まとめ


少しの料金で、海外旅行に1つの都市の観光をお得に追加できるのが「ストップオーバー」です。
乗継ぎのある便は直行便よりも運賃が安い傾向にあるので、追加料金を払ってストップオーバーを利用しても、直行便より価格が抑えられる場合もあります。

購入時には複数の航空券の価格と条件を比較して、お得に旅を楽しみましょう。

合わせて読みたい記事はこちら

Share Buttons