格安の往復航空券を買って、帰りの分を破棄することは可能か?

Share Buttons

Q. 格安の往復航空券を買って、帰りの分を破棄することは可能か?


安い航空券を探していたら、片道よりも格安の往復航空券を発見しました。
行きの飛行機にだけ乗り、帰りの分を破棄してもいいのでしょうか?

A. できません!

結論から言うと「できません!」というよりも、してはいけません。
片道よりも安い往復航空券は、復路を変更できないFIXと呼ばれる航空券で、これは往復を利用することを前提に格安で販売しているからです。

往復どっちも乗ってくれるなら安くするよ
どっちも乗るから安くして
オッケー、約束守ってね

Q. 帰りの分(復路)を破棄したらどうなるの?


それでも破棄したらどうなるのでしょうか?

A. 通常料金の運賃を請求される可能性があります。

航空券を購入した航空会社や旅行会社にもよりますが、その航空券の通常価格の運賃を請求され、格安で購入した航空券との差額を支払うことになる場合があります。

3万円で購入した往復航空券が通常は5万円だとすると、差額の2万円を支払うことになるのです。

帰りの飛行機は乗らないよー
約束破ったから差額を支払ってね
まじすか・・・?
うん、まじ

Q. じゃあ行きの分(往路)を破棄したらどうなるの?


台湾から日本へ帰国するための航空券を探していたら、日本から台湾への格安の往復航空券を見つけました。
行きの分を破棄し、台湾から日本への飛行機だけに乗ることはできますか?

A. できません!

これはしてはいけないのではなく、できません。
行きの飛行機に乗らなかったことで、あなたは日本を出国していないという扱いになり、帰りの飛行機の航空券は自動的にキャンセルされるからです。

帰りの飛行機だけ乗るよー
この人は日本を出国してないね、帰りの分はキャンセルしといたよ
もしかして飛行機に乗れない?
うん、乗れない

まとめ


片道の航空券を購入しましょう。

合わせて読みたい記事はこちら

Share Buttons