陸路と海路で入国できるマレーシア~インドネシア間の国境とルート

マレーシアとインドネシアの島々は高速船やフェリーで結ばれており、日本人を含む外国人旅行者もこれらを利用して両国を行き来することができる。
また、国際バスを利用して陸路で国境を越えることもできる。

日本人のマレーシアへの入国は、観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要。
インドネシアへの入国は、観光目的で30日以内の滞在であればビザ不要。
ビザに関しての詳細はこちら。
インドネシアへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

マレーシア~インドネシア間の海路の国境とルート


マレーシア側マラッカ(Malacca)~インドネシア側ドゥマイ(Dumai)

マレー半島西海岸の町マラッカとスマトラ島東海岸の町ドゥマイを結ぶフェリーが毎日1便運航されており、日本人もこのフェリーを利用して両国を行き来することができ、移動は所要2~3時間ほど。
他にも、クアラルンプール郊外のポードディクソン(Port Dickson)やポートクラン(Port Klang)とマラッカを結ぶフェリーも、毎日ではないが1日1便運航されている。
また、マラッカはMelakaやMalakaと表記される場合もあるので注意が必要。
フェリー運航会社の公式サイトはこちら。
Tunas Rupat Follow Me Express

マレーシア国内からマラッカへの長距離バスでの移動は、クアラルンプールのTBSバスステーションから所要約2時間、ジョホール・バルのラーキン・バスターミナルから所要3~4時間ほど。

マレーシア側タワウ(Tawau)~インドネシア側ヌヌカン(Nunukan)とタラカン(Tarakan)

ボルネオ島北東部のタワウと、同じくボルネオ島(インドネシアではカリマンタンと呼ぶ)北東部の島ヌヌカンやタラカンを結ぶフェリーが運航されており、日本人もこのフェリーを利用して両国を行き来することができる。
タワウ~ヌヌカンは1日2便で所要約1時間、タワウ~タラカンは週に6便ほどで所要約3時間。
フェリーに関する詳細はこちら。
Tawau Ferry Terminal

マレーシア国内からタワウへの長距離バスでの移動は、コタ・キナバル郊外のイナナン(Inanan)にあるノースシティ・バスターミナルから所要約8時間。

マレーシア~インドネシア間の陸路の国境とルート


マレーシア側クチン(Kuching)~インドネシア側ポンティアナック(Pontianak)

クチンとポンティアナックを結ぶ国際バスが1日7便ほど出ており、日本人もこのバスを利用して両国を行き来することができる。
数社がこのルートのバスを運行しており、マレーシア国境の町テベドゥ(Tebedu)とインドネシア国境の町エンティコン(Entikong)を経由し、所要8~9時間ほど。

クチンからのバスが発着するのは、クチン国際空港のすぐ西にあるセントラルバスターミナルからで、ここからクチン市内とを結ぶバスも出ている。

基本情報はこちら
マレーシアの基本情報
インドネシアの基本情報

気候に関してはこちら
マレーシアの気候とベストシーズン
インドネシアの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら