インドネシア旅行・観光のビザの申請・取得

インドネシア観光・旅行での入国とアライバルビザ申請・取得方法と滞在期間延長方法

インドネシアの行きたいけど、ビザって必要なの?
この記事では、
ビザの取得方法と滞在期間の延長について書きました。

インドネシアの入国にビザは必要か?

2015年6月より、日本人の観光目的での入国は、30日以内の滞在であればビザは不要になりました。
パスポートは入国時に残存有効期間が6ヶ月以上と、査証欄の余白が3ページ以上必要。

入国審査時に出国用航空券の提示を求められることがあります。

ビザなしで出入国できる場所は?

ビザなしで出入国できるのは、当初はインドネシアの主な5大国際空港と9海港のみでした。

しかし、2016年6月から29の空港、88の海港、7の陸路国境で出入国可能となり、実質ほとんどの場所からビザなしでの出入国が可能です。

ビザなしで入国できる場所の一覧はこちら。
在インドネシア日本国大使館:インドネシアへの入国・滞在

インドネシア観光・旅行での入国とアライバルビザ申請・取得方法と滞在期間延長方法

インドネシア入国時に取得できるアライバルビザ(到着ビザ)について

このアライバルビザは「VOA」とも呼ばれ、商用訪問(会社訪問、商談、会議出席、就労を伴わないもの)や、観光目的での30日以上の滞在を希望する場合は、インドネシア入国時にアライバルビザを取得します。

アライバルビザで長期滞在可能か?

アライバルビザの滞在可能日数は30日で、入国後に滞在期間延長の手続きを行うと、最大60日の滞在が可能です。

延長できるのは1回のみで、ビザなしで入国した場合は延長できません。

アライバルビザの取得に必要なもの

  • パスポート:入国時に残存有効期間が6ヶ月以上と、査証欄の余白が3ページ以上必要
  • 出国用航空券
  • 料金:US35ドル

支払いは日本円やインドネシアルピアでも可能ですが、レートが変動するのでUSドルがおすすめです。
現金のみで、カードは使えません。

アライバルビザの申請方法は?

空港に到着してすることは、

  1. 入国審査するエリアの手前にアライバルビザを申請する「VOAカウンター」がある。
  2. ここで上記の3点を提出し、領収書を受け取る。
  3. 入国審査に進み、パスポート、搭乗してきた飛行機のチケット、領収書を提示する。
  4. 渡航目的などの質問に答える。
  5. 審査が終了すると、パスポートが返ってくる。
  6. パスポートにVOAのシールとスタンプがあるかを自分で確認する。

空港での手続きは以上です。

注意点として、返ってきたパスポートにVOAのシールとスタンプがあるか必ず確認しましょう。
これが無いと滞在期間の延長ができません。

アライバルビザの申請・取得が可能な場所は?

2019年2月現在の、アライバルビザの申請・取得が可能な場所の一覧です。

  • 空港
    ジャカルタ(スカルノハッタ、ハリム)メダン、バリ、マナド、スラバヤ、パカンバル、バリクパパン、スラカルタ、パダン、マカッサル、クパン、ジョクジャカルタ、マタラム、バタム、バンドン、アチェ、パレンバン、スマラン、ポンティアナック
  • 海港
    ジャカルタ、バタム、ビンタン、タンジュン・ピナン、バリ(バドゥン、カランアセム)、シボルカ、ジャヤプラ、ドゥマイ、パダン、ベラワン、クパン、マカッサル、タンジュン・バライ・カリム、タンジュン・マス、ビトゥン、マウメレ、パレパレ、スラバヤ
  • 陸路チェックポイント
    エチコン(西カリマンタン)

インドネシア観光・旅行での入国とアライバルビザ申請・取得方法と滞在期間延長方法

アライバルビザの延長について

滞在期間延長の手続きをする場所は?

インドネシア国内の全てのイミグレーション(出入国管理局事務所)で手続きが可能。
インドネシアの主な出入国管理局事務所の一覧はこちら。
imigration-office-indonesia(PDF)

延長手続きの手順は?

延長手続きをするには、合計3回イミグレーションに行く必要があります。
長くなりますが、時系列順に書いていきます。

イミグレーション:1日目

必要書類は、

  1. パスポート
  2. パスポートの顔写真のページのコピー
  3. パスポートのVOAシールのページのコピー
  4. 出国用航空券(コピーでも可)
  5. 申請書:イミグレで入手可能

イミグレでやることは、

  1. 申請書に必要事項を記入する。
  2. 受付カウンターに上記の必要書類を提出する。
  3. 名前が呼ばれるまで待つ。
  4. 名前が呼ばれたら、手続き用紙を受け取る。

この手続き用紙が最後まで必要なので無くさないように。
この用紙に次にイミグレに来る日が書いてあります。

パスポートは預けたままになるので、あらかじめ自分用のパスポートのコピーを取っておきましょう。

2日目までにすること

2日目までにすることは、

  1. もらった手続き用紙を持って銀行に行く。
  2. 銀行窓口に用紙を提示し、VOAの料金を支払いたいと伝える。
  3. 手数料35万5000ルピアを支払い、領収書を受け取る。

2019年2月現在のレートで、35万5000ルピアは約2800円。

イミグレーション:2日目

大体1日目の3〜4日後です。

必要なものは、

  1. 1日目に渡された手続き用紙
  2. 銀行で渡された領収書

イミグレでやることは、

  1. 受付カウンターに領収書を提出し、順番待ちのチケットを受け取る。
  2. 順番が来たら手続き用紙を提出し、渡航目的などの質問に答える。
  3. 写真撮影をした後、両手の指紋を取る。
  4. 手続き用紙が返却される。

2日目は以上で、返ってきた用紙に3日目の日にちが書いてあります。

イミグレーション:3日目

大体2日目の3〜4日後です。

必要なものは手続き用紙、することはパスポートの受け取りです。
手順は、

  1. 受付カウンターに用紙を渡す。
  2. 名前を呼ばれるまで待つ。
  3. パスポートを受け取る。
  4. パスポートに延長のスタンプが押されているか確認する。

ビザ延長の手続きは以上です。

インドネシア観光・旅行での入国とアライバルビザ申請・取得方法と滞在期間延長方法

ビザ延長の注意点

延長の手続きは、全て終わるまでに1週間ほどかかります。
ビザの滞在期間がなくなる前に手続きを終える必要があるため、時間に余裕を持って行いましょう。

ビザについての最新情報はこちら
在本邦インドネシア共和国大使館
在インドネシア日本国大使館

インドネシアの関連記事

インドネシアについての情報はこの記事にまとめました

合わせて読みたい記事はこちら