マレーシアの気候とベストシーズン

インド洋と南シナ海の中間に位置するマレーシアは、マレー半島とボルネア島という2つの離れた国土をもち、日本の約0.9倍となる33万㎢の国土は原生林やビーチリゾートなど多様な自然に彩られている。
赤道付近に位置するマレーシアは熱帯雨林気候に属し、年間を通じて日本の夏のような気候をしている。
気温の変化がないため日本のような四季はなく、季節は大きく乾季と雨季に分けられる。

地域による気温の違いはあまりないが、乾季と雨季の時期は地域によって大きく異なる。
また、乾季でも全く雨が降らないという訳ではなく、短時間で止む激しいスコールに見舞われることがあるが、雨季でも日本の梅雨のように1日中雨が降り続くようなことはほとんどない。

年間平均の最高気温は32℃、最低気温は23℃で、数字だけ見ると日本より暑い国に思えるが、実際は日本の夏のように35℃を超えることはあまりなく、雨のあとは涼しく感じるほど気温が下がることもある。

地域別の気候


クアラルンプール周辺

マレー半島の西部に位置し、雨が多い10~12月、3~4月は1ヶ月に250~300㎜ほどの雨が降る。
最も雨が少ない6~7月の降水量は1ヶ月に120㎜ほどで、それ以外の時期の降水量は150~180㎜ほど。
ベストシーズンは1~2月、6~8月だが、通年観光可能である。

高原地帯

マレーシア半島中央部の高原地帯にはいくつものリゾート地があり、避暑地として親しまれている。
代表的なリゾート地として、標高1800mのキャメロン・ハイランド、2000mのゲンティン・ハイランド、1524mのフレイザーズ・ヒルなどがある。
これらの地域の平均最高気温は22℃、最低気温は15℃で、日本の春のような気温で過ごしやすく、時期による気温の変化はあまりない。

1ヶ月の降水量は9~11月は250~350㎜、3~5・8月は200~250㎜ほど。
1~2・6~7月の1ヶ月の降水量は100~150㎜ほどで、この時期が観光のベストシーズンといえる。
通年観光可能だが、最も降水量が多い9~11月は1ヶ月に20日以上雨が降ることもある。

マレー半島西部の島々

マレー半島西部にはランカウイ島、ペナン島、パンコール島などのビーチリゾートの島がある。
ランカウイ島の1ヶ月の降水量は、乾季の12~3月は20~90㎜ほどで、晴天に恵まれるこの時期が観光のベストシーズンとなる。

1ヶ月の降水量は雨季の6~10月は250~350㎜、4~5・11月は200㎜前後。
乾季に比べて雨が多いが、1日中降り続くことはないので観光できないという訳ではなく、リゾートも年間を通じてオープンしている。

ペナン島の1ヶ月の降水量は、乾季の12~3月は60~120㎜ほどで、晴天に恵まれるこの時期が観光のベストシーズンとなる。
その他の時期の1ヶ月の降水量は、最も雨が多い9~10月が350㎜前後、4~5・8月が220~250㎜、6~7・11月は170~210㎜ほどで、こちらも通年観光可能で、リゾートも年間を通じてオープンしている。

マレー半島西海岸

マラッカ海峡に面したマレー半島西海岸には、アロー・スター、タイピン、マラッカなどの歴史ある美しい町が点在している。
この地域の乾季は12~3月で、この時期が観光のベストシーズンとなる。
場所にもよるが、乾季の1ヶ月の降水量は多くても100㎜前後で、最も晴天に恵まれるのは1~2月。
南西モンスーンの影響を受ける4~11月は、1ヶ月に150~250㎜ほどの雨が降る。

西海岸の南端に位置するジョホール・バルははっきりとした乾季や雨季はなく、年間を通じて150~250㎜ほどの雨が降るが、比較的雨が少ないのは1~3・6~9月。

マレー半島東海岸

東海岸の代表的な町はコタ・バル、クアラ・トレンガヌ、クアンタン、メルシンなどで、リゾート地として人気のプルフンティアン島やティオマン島などの島々も点在している。
これらの地域の乾季は4~9月で、この時期が観光のベストシーズンとなる。

場所にもよるが、乾季の1ヶ月の降水量は100~150㎜ほど。
北東モンスーンの影響を受ける11~3月は雨季となり、リゾート地の島々は閉鎖されてしまう。
1ヶ月の降水量は、最も雨が多い11~12月が500~700㎜、1~3月は150~250㎜ほど。

ボルネオ島

世界で3番目に大きな島であるボルネオ島は、マレー半島の東に位置することから“東マレーシア”とも称され、独自の文化を持つ先住民の暮らしや手つかずの大自然が残されている。
代表的な町としてコタ・キナバル、ミリ、シブ、クチン、サンダカン、そしてシパダン島などがある。

基本的には北東モンスーンの影響を受ける11~3月が雨季で、1ヶ月の降水量は300~600㎜ほど。
観光のベストシーズンは比較的雨の少ない4~9月だが、それでも1ヶ月に150~250㎜ほどの雨が降る。
しかし、モンスーンの影響が少ない北東部のタワウやシパダン島は、特に雨が多い時期はなく、年間を通じて毎月100~200㎜ほどしか雨が降らないので通年観光に適している。

北部のコタ・キナバルやラブアン島の1ヶ月の降水量は、5~12月は200~350㎜だが、1~4月は50~150㎜ほどと比較的少ないので観光に適している。

基本情報はこちら
マレーシアの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら