インドの気候とベストシーズン

世界第7位の国土面積を誇るインドは、地域によって気候が異なるが、季節は大きく雨季、乾季、暑季の3つに分けられる。
インドではこの3つの季節は“Hot,Hotter,Hottest”と言われ、つまりは暑いということなのだが、だからといって一年中どこへ行っても暑いということはなく、地域によっては年間を通じて寒冷で、特にヒマラヤ山脈がそびえる北部山岳地帯の高地では、冬には零下20℃前後にまで冷え込む。

その一方で、インドの最高気温を記録する北西部の砂漠地帯や北インドのデリーなどでは、夏の日中は40℃超えは珍しくなく、時には50℃に達することもある。
また、デカン高原南部のベンガルールやウーティ、西海岸南部のコーチンなどの町は、年間を通じで気温の変化が少なく、20~30℃前後と過ごしやすい。
このように、とにかく地域によって気候が大きく異なるので、訪れる地域と季節にあった準備が必要。

雨季


地域による違いもあるが、6~9月が雨季で、この時期はインドで最も雨が多い季節となる。
しかし、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことは少なく、決まった時間帯にまとまった雨が降ることが多いので、観光ができないというわけではないが、特に雨が多い地域の観光は、この時期は避けた方がいい。

この時期に特に雨が多いのは、ムンバイやコーチンなどの西海岸沿いの町、そしてダージリンなどのヒマラヤ山脈南側の町。
これらの地域は、インド南西から吹き寄せる、アラビア海の湿気を含んだ季節風(モンスーン)の影響を大きく受け、1ヶ月の降水量は多い月で600㎜以上になる。
また、チェンナイなどの東海岸南部のベンガル湾沿いの町は、東北からの季節風の影響を受け、10~11月に最も雨が多くなり、降水量は多い月で300㎜を超える。
北インドのデリーなどの降水量は月に200㎜前後。

この時期に雨が少ないのは、ヒマラヤ山脈西端のヒマーチャル・プラデーシュ州、そしてインド最北の地であるラダック地方があるジャンムー・カシュミール州。
ほとんどの地域では、雨季の気温は夏と冬の中間くらいだが、これらの地域は雨季に最も気温が高くなり、そして冬はかなり冷え込むため、この時期が最も過ごしやすい。
また、ウッタラカンド州のヒマラヤ山中の聖地では、6~10月が巡礼のシーズン。
ラージャスターン州の砂漠地帯周辺も季節風の影響があまりなく、雨が少ない。

乾季


地域によって少し違いはあるが、雨季の6~9月以外の季節が乾季で、この時期はほとんど雨が降らない。
そのなかでも冬となる11~2月は、北部山岳地帯を除けばインド観光のベストシーズン。
この時期、北部山岳地帯は朝晩は零下20℃前後まで冷え込むため、冬山の登山が目的でなければ、観光で訪れるのは避けた方がいい。

北インドに位置するデリーなどは一日の寒暖の差が大きく、日中は20℃以上まで気温が上がり過ごしやすいが、朝晩は5℃前後まで冷え込む。
この時期に北インドで深夜バスや夜行列車に長時間乗る場合は、防寒対策が必須となる。
年間を通じて気温の変化が少ない南インドは、日中は25~30℃前後、朝晩は15~20℃前後と過ごしやすい。

暑季


3月下旬から雨季に入るまでの約2ヶ月間が暑季で、年間を通じて最も暑い夏となる。
特に猛暑となる北インドのデリーなどでは日中は40℃を超え、ラージャスターン州の砂漠地帯周辺では最高気温が50℃に達することもあり、この時期に北インドを観光するのは体力的にかなりきつい。

南インドのベンガルールやコーチンは、日中でも30℃前後と比較的過ごしやすいため、この時期は南インドを中心に観光するのがいいでしょう。
しかし南インドでも、東海岸のチェンナイなどでは、最高気温は40℃前後まで上がる。
また、ヒマラヤ山脈南側のダージリンや、北部山岳地帯を訪れるのも悪くない季節。

ビザに関してはこちら
インドへの入国とビザ取得方法

基本情報はこちら
インドの基本情報

インドの世界遺産に関する情報はこちら
タージ・マハル(アーグラ城壁,ファテープル・スィークリー)

合わせて読みたい記事はこちら