ベトナムの基本情報-時差、言語、人口、宗教、首都、飲料水など

Share Buttons

正式国名

ベトナム社会主義共和国 Socialist Republic of Viet Nam

国土面積

約32万9241㎢(日本の約9割)

首都

ハノイ Hanoi

人口

約9370万人

宗教

国民の約80%が仏教徒。
その他にキリスト教、イスラム教、カオダイ教、ホアハオ教、ヒンドゥー教などが少数。

言語

公用語はベトナム語。
近年は積極的に英語学習が行われており、観光客が多い都市部では英語が通じる所も増えている。

通貨

通貨はドン(Dong)で、紙幣と硬貨が存在するが、硬貨はあまり流通していない。
かつては都市部でUSドルが流通していたが、2012年から外貨の利用が制限され、徐々に減りつつある。
国際通貨コードはVND。

チップ

基本的にチップの習慣はないが、高級なホテルやレストランでいいサービスを受けたと感じた時はチップを渡した方がスマートでいいでしょう。
また、タクシーのドライバーに重い荷物を運んでもらった時に渡す人もいる。

相場は1万ドンほど。
2018年8月現在のレートで、1万ドンは約50円。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方が良い。
飲料水は各所で売られているミネラルウォーターを。

電圧とプラグ

220Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形状はA型とC型が主流で、まれにSE型やBF型などもある。(日本はA型)

習慣とマナー

特に変わった習慣やマナーがある訳ではなく、日本でマナー違反になるようなことをしなければ問題ない。

ただし、日本よりも老人を敬う気持ちが強いため、電車やバスで立っている老人を見つけたら積極的に席を譲るようにしましょう。
50~60代の人に対しても席を譲ることがあるので、もしあなたが席を譲られたら遠慮せずに座りましょう。

また、日本よりもレディーファーストの精神が強いので、男性はなるべく女性を気遣い、一緒に食事をした際の支払いは男性がすることが多い。

日本との時差

日本より2時間遅れ。(日本の正午はベトナムの午前10時)

日本からのフライト

日本からベトナムへは直行便が出ており、ハノイのノイバイ国際空港まで所要約5〜6時間。

ビザ

ベトナムへの入国は、滞在期間が15日以内で出国用の航空券を所持し、入国時にパスポートの残存有効期間が6ヶ月以上あればビザは不要。

ビザに関しての詳細はこちら
ベトナムへの入国と滞在期間延長とビザ申請・取得方法

気候に関してはこちら
ベトナムの気候と観光・旅行のベストシーズン

言語に関してはこちら
初めてのベトナム旅行・観光ですぐに使える挨拶と日常会話

ベトナムの世界遺産に関してはこちら
ハロン湾 観光・旅行情報まとめ

合わせて読みたい記事はこちら

Share Buttons