誰でも行ける?世界遺産リスボンへの行き方!

リスボンとは?


ポルトガルの首都リスボン中心部から、テージョ川沿いに約6㎞西に位置するベレン地区は、ヨーロッパ大航海時代に新大陸に向けて多くの船が出航した歴史ある場所。

15世紀にポルトガルで初めて海外進出を果たしたエンリケ航海王子、インド航路を発見して巨万の富をもたらしたヴァスコ・ダ・ガマなどの活躍によって、ポルトガルは急速に勢力を拡大していく。

16世紀、ポルトガルに黄金期をもたらした彼らの功績をたたえ、当時の王マヌエル1世によってベレンに建設された修道院と塔は、大航海時代のポルトガルの栄華を象徴する記念碑といえる。
かつてのポルトガルの栄光を今に伝える2つの建造物は“リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔”として1983年に世界遺産に登録された。

リスボンのベレン地区はどんな町?


ベレン地区はテージョ川沿いに位置し、多くの見どころは川沿いとその周辺に集中している。
列車でやってきてベレン駅を出ると、すぐそばに国立馬車博物館があり、ここから左手の大きな広場の前を通り過ぎ、川に背を向けるように右に曲がると“ジェロニモス修道院”が、川に向かって曲がると“発見のモニュメント”があり、ここからさらに川沿いを西に1㎞ほど行くと“ベレンの塔”が見えて来る。

入場料はかかるの?


個別に入場チケットを買うと、ジェロニモス修道院が€10、ベレンの塔が€6、国立考古学博物館が€6。
しかし、共通券は€16でこの3ヶ所に入場することができる。
また、ジェロニモス修道院とベレンの塔、もしくはジェロニモス修道院と国立考古学博物館の2ヶ所に入場できる€12の共通券もある。

繁忙期はジェロニモス修道院とベレンの塔のチケット売り場は行列ができることもあるが、共通券は3ヶ所のどこでも購入できるので、空いている国立考古学博物館で共通券を買えば並ばずに済む。

リスボン近郊を効率よく観光するには?


ベレン地区に限らず、リスボンの見どころを短期間で見て回りたいという人に便利なリスボンカード。
リスボンやその周辺の遺跡、モニュメント、26の美術館や博物館の入場無料や割引、バス、トラム、地下鉄、エレベーター、ケーブルカーなどの公共交通機関乗り放題、空港バスや観光バスの割引など、観光に必要な様々なものがこのリスボンカード1枚に込められている。

料金は有効期間により異なり、24時間が€18.50、48時間が€31.50、72時間が€39。
空港や市内の観光案内所で購入でき、下記のウェブサイトからも申し込みができる。
リスボンカード公式サイトはこちら。
Discover Lisbon with the Lisbon Card

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からポルトガルへの直行便はなく、ヨーロッパの主要都市で乗り継いでポルトガルのリスボン空港に向かうのが一般的。
所要は乗り継ぎ込みで17~20時間ほどで、日本を昼頃に出れば現地時間で同日の夜に着く。

空港からリスボン市内への移動について

空港からリスボン市内まで約7㎞あり、移動手段は空港バス、地下鉄、タクシーなどがあるが、旅行者が最も利用しやすいのはYellow Bus社が運行する空港バス。

空港バスはAerobusと呼ばれ、空港ターミナル1の到着ロビーの正面が乗り場になっている。
料金は€3.50で、チケットは乗車時に運転手から買うか、到着ロビーの観光案内所で買う。
バス会社公式サイトはこちら。
Yellow Bus

市内へのルートは2つあり、Linha1(City Center)はエントレカンボス、ポンバル公爵広場、ロシオ、コメルシオ広場などを経由しカイス・ド・ソドレ駅へ、Linha2(Financial Center)はエントレカンボス、セッテ・リオス、エスパーニャ広場などを経由しジョゼ・マリア通りへ行く。

Linha1終点のカイス・ド・ソドレ駅から、ベレン地区への市電、バス、列車が出ている。
ベレン地区まで市電やバスは所要30分ほど、列車はカスカイス(Cascais)行きで所要10分ほど。

通貨と言語とビザについて

通貨はユーロ(Euro)で表記は€、補助通貨はセント(Centimo)で表記は¢。
公用語はポルトガル語だが、観光地にある旅行者向けのホテルやレストランでは英語が通じる所も多い。
シェンゲン協定加盟国であるポルトガルへの入国は、90日以内の滞在であればビザは不要。
パスポートは残存有効期間がポルトガル出国予定日から3ヶ月以上と査証欄の余白が2ページ以上必要。
シェンゲン協定に関しての詳細はこちら。
シェンゲン協定加盟国への入国

この世界遺産に関する詳細はこちら
リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔:観光情報まとめ

基本情報はこちら
ポルトガルの基本情報

気候に関してはこちら
ポルトガルの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら