陸路で入国できるインドネシア~東ティモール間の国境とルート

インドネシア~東ティモール間は陸路の国境が解放されており、日本人を含む外国人旅行者もこの国境を通過して両国を行き来することができる。
ティモール島の西側がインドネシア領の西ティモール、東側が東ティモールとなる。

西ティモールの中心都市クパン(Kupang)と東ティモールの首都ディリ(Dili)を結ぶバスが運行されており、国境での出入国手続きも含めて所要12時間ほど。
インドネシア側の国境付近の町アタンブア(Atambua)にホテルがあるので、長時間の移動が不安な場合はここで1泊していくのもいいでしょう。

日本人のインドネシアへの入国は、観光目的で30日以内の滞在であればビザ不要。
東ティモールへの入国は、飛行機や船舶の場合は空港や港でアライバルビザが取得できるが、陸路の場合は事前に申請をしておく必要がある。
申請はクパンの東ティモール領事館、もしくはイミグレーションホームページからオンラインで行う。
イミグレーションホームページはこちら。
Immigration Service of Timor-Leste

インドネシアのビザに関しての詳細はこちら
インドネシアへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

基本情報はこちら
インドネシアの基本情報

気候に関してはこちら
インドネシアの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら