インドネシアへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

2015年6月より、日本人の観光目的での入国は、30日以内の滞在であればビザは不要になった。
パスポートは入国時に残存有効期間が6ヶ月以上と、査証欄の余白が3ページ以上必要。
また、入国審査時に出国用航空券の提示を求められることがある。

ビザなしで出入国できる場所


ビザなしで出入国できるのは、当初はインドネシアの主な5大国際空港と9海港のみだったが、2016年6月から29の空港、88の海港、7の陸路のチェックポイントにて出入国可能となり、実質インドネシアのほとんどの場所からビザなしでの出入国が可能になった。
ビザなしで入国できる場所の一覧はこちら。
インドネシアへの入国・滞在

インドネシア入国時に取得できる“到着ビザ”について


商用訪問(会社訪問、商談、会議出席、就労を伴わないもの)や、観光目的での30日以上の滞在を希望する場合は、インドネシア入国時に到着ビザ(VoA:Visa on Arrival)を取得することができる。
しかし、実際には到着ビザでの滞在可能日数は30日以内で、入国後に滞在期間延長の手続きを行うことで最大60日の滞在が可能になる。

延長できるのは1回のみで、ビザなしで入国した場合は延長は不可。
また、事前に日本のインドネシア大使館で通常のビザを取得することも可能。

到着ビザの取得に必要なもの


  • パスポート(入国時に残存有効期間が6ヶ月以上と、査証欄の余白が3ページ以上必要)
  • 出国用航空券
  • 査証料金(US35ドル:カード不可、USドルのみ可)

査証取得が可能な空港・海港・陸路チェックポイント


  • 空港
    ジャカルタ(スカルノハッタ、ハリム)、メダン、バリ、マナド、スラバヤ、パカンバル、バリクパパン、スラカルタ、パダン、マカッサル、クパン、ジョクジャカルタ、マタラム、バタム、バンドン、アチェ、パレンバン、スマラン、ポンティアナック
  • 海港
    ジャカルタ、バタム、ビンタン、タンジュン・ピナン、バリ(バドゥン、カランアセム)、シボルカ、ジャヤプラ、ドゥマイ、パダン、ベラワン、クパン、マカッサル、タンジュン・バライ・カリム、タンジュン・マス、ビトゥン、マウメレ、パレパレ、スラバヤ
  • 陸路チェックポイント
    エチコン(西カリマンタン)

到着ビザの延長方法


インドネシア国内の全ての出入国管理局事務所(イミグレーション)で手続きが可能。
インドネシアの主な出入国管理局事務所の一覧はこちら。
imigration-office-indonesia(PDF)

必要書類

  • 延長手続きのための申請書(申請時に各事務所で入手できる)
  • パスポートとコピー1枚
  • 取得済みの到着ビザのコピー1枚
  • 手数料(Rp.300000)
その他の注意事項

  • 必ず申請者本人が出向いて行う。
  • 滞在期限の7日前までに申請する。
  • 延長される到着ビザは、申請日の翌営業日に発給される予定だが、詳細については申請時に各事務所に問い合わせる。

最新情報はこちら
在インドネシア日本国大使館
在本邦インドネシア共和国大使館

基本情報はこちら
インドネシアの基本情報

気候に関してはこちら
インドネシアの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら