ブルネイの気候とベストシーズン

南シナ海の赤道付近に位置するブルネイは、世界で3番目に大きな島であるボルネア島の北部に国土をもつ小さな国で、その国土面積は日本の三重県とほぼ同じである。
熱帯雨林気候に属すブルネイに四季はなく、年間を通じて日本の夏のような高温多湿な気候をしている。

季節は大きく乾季と雨季に分けられ、気温は雨季のほうが1~2℃低くなる。
しかし、乾季でも全く雨が降らないという訳ではなく、短時間で止む激しいスコールに見舞われることがあるが、雨季でも日本の梅雨のように1日中雨が降り続くようなことはほとんどない。
1ヶ月の降水量は、雨季の9~1月は250~400㎜、乾季の2~8月は100~200㎜ほどで、その中でも比較的雨が少ないのは2~4月。

年間平均の最高気温は32℃、最低気温は23℃で、数字だけ見ると1年中日本の真夏のように暑い国に思えるが、雨のあとは日陰に入れば涼しく感じるほど気温が下がることもある。
また、小さな国のため地域による気候の違いはあまりない。
観光のベストシーズンは乾季の2~8月となるが、雨季だからといって観光に適さないという訳ではなく、雨の影響で気温が下がるので暑さに悩まされることは少なくなる。

基本情報はこちら
ブルネイの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら