チュニジアの世界遺産・カルタゴ遺跡

【日本から個人で】カルタゴ遺跡への行き方【チュニジアの世界遺産】

カルタゴ遺跡とは?


チュニジアの首都チュニスの郊外約12㎞ほどにある、地中海に面した町カルタゴ。
紀元前6〜2世紀頃、フェニキア(現在のレバノン)の人達によって建設されたカルタゴは、貿易の町として栄え、地中海最大の商業の中心地となった。

その後はローマによる開発が進み、次々と巨大な建造物が造られた。
このローマ時代の遺跡と、フェニキア人によるカルタゴ時代の遺跡が1979年に“カルタゴ遺跡”として世界遺産に登録された。


チュニジアの世界遺産:カルタゴ遺跡

アクセス:日本からの行き方


日本からチュニジアへの直行便はなく、アジアや中近東、ヨーロッパ経由で向かう。
便が多い経由地はフランスのパリ、トルコのイスタンブール、カタールのドーハ、U.A.Eのドバイなどで、日本からこれらの経由地まで10〜12時間。
経由地からチュニジアのチュニス・カルタゴ国際空港まで2〜6時間。

空港からカルタゴへの移動について

空港からの移動は、タクシーで直接カルタゴへは向かうか、チュニス中心部からTGMでカルタゴに向かうかになる。

空港からチュニス中心部は約8㎞あり、空港の前に停まっている黄色い車体のタクシーで15分ほど。
バスの場合は、空港から35番か635番のバスで、チュニス新市街の東のチュニス・マリン駅付近のバスターミナルに行くことができる。

このターミナルそばの、TGMのチュニス・マリン駅からカルタゴ・ハンニバル駅までは30分ほど。
この駅を中心に、カルタゴ遺跡が約3㎞四方の範囲に点在している。
各遺跡付近にもそれぞれ駅があるので、電車やタクシーを利用すれば1日で全て回ることも可能。

通貨と言語とビザについて

日本からチュニジアへの入国は、パスポートの残存有効期間が3ヶ月+滞在日数以上必要で、3ヶ月以内の滞在であればビザは不要。

通貨はチュニジアディナール(表記はD)で、公用語はアラビア語だがフランス語が通じる所も多く、英語は観光地では通じる所もある。

この世界遺産に関する詳細はこちら
カルタゴ遺跡:観光・旅行情報まとめ

基本情報はこちら
チュニジアの基本情報-時差、言語、人口、宗教、首都、飲料水など

気候と渡航情報に関してはこちら
チュニジアの気候と観光・旅行のベストシーズンと渡航情報

合わせて読みたい記事はこちら