誰でも行ける?世界遺産カトマンズ盆地への行き方!

カトマンズとは?


ネワール族によってカトマンズにマッラ王朝が誕生し、国の交易や文化の中心として栄えていくと共に、ヒンドゥー教と仏教が共存した独自のネワール文化が発展していく。
15世紀後半にマッラ王朝はカトマンズ、パタン、バクタプルの3つの王国に分裂し、3人の王子によってそれぞれの土地に都が築かれると、その後は競い合うように次々と寺院や宮殿などが建立される。

18世紀まで続いたマッラ王朝の中心といて栄えたカトマンズは“カマンティプール(栄光の都)”と称えられ、現在までネパールの首都として発展してきた。
中世より受け継がれてきたネワール文化の歴史が色濃く残るカトマンズ、パタン、バクタプルの3つの都市と7つの遺跡群が、1979年に“カトマンズ盆地”として世界遺産に登録された。

日本では“カトマンズの谷”や“カトマンズ渓谷”とも呼ばれるこの地域は、昔から大きな地震が多発している場所で、2015年4月に発生した大地震はカトマンズ盆地全体に甚大な被害をもたらし、2017年2月現在も復旧作業が続けられている。

カトマンズはどんな町?


カトマンズは首都にしてはこじんまりとした町で、見どころはタメル地区とダルバール広場の周辺に集中しており、大抵の場所へは歩いていける。
タメル地区はカトマンズの北側に位置し、ホテルやゲストハウスがこのエリアに集中していることもあり、常に旅行者で賑わっている。

このタメル地区から南へ徒歩20分ほど、距離にして約1.5㎞の所にあるのが、“町のへそ”とも言われるダルバール広場で、周辺の通りには露天商がみやげ物を並べ、多くの人で賑わう。
また、広場の1㎞ほど東にあるラトナ・パークとその周辺にはバスターミナルがいくつもあり、ボダナート、パタン、バクタプル、チャング・ナラヤンなど、カトマンズ盆地の各町行きのバスが出ている。

ダルバール広場に入場するには?


外国人がダルバール広場に入るには、広場手前でRs1000の支払い、チケットを受け取る。
入場する際にこのチケットが必要で、チケットの半券は広場内にあるハヌマン・ドカ(旧王宮)に入場するために必要になるので捨てないように。

このチケットは基本的には当日のみ有効だが、広場内にあるバサンタプル広場のサイト・オフィスで手続きを行えば、ビザの有効期間内ずっと利用できるビジターパスを無料で発行してくれる。
手続きの際に必要な物はチケットの半券、パスポート、顔写真1枚。

他に入場料が必要な場所と行き方は?


  • スワヤンブナート Swayambhunath
    外国人はストゥーパ正面の入口で入場料Rs200(当日のみ有効)を支払う。
    タメル地区から約2㎞西にあり、タクシーでRs250ほど、歩いても30分ほどで着く。
  • パシュパティナート Pashupatinath
    火葬場の手前で入場料Rs1000(当日のみ有効)を支払う。
    タメル地区から約4㎞東にあり、タクシーでRs300ほどでこれる。
  • ボダナート Boudhanath
    ストゥーパ正面には入場ゲートがあり、外国人は入場料Rs250(当日のみ有効)を支払う。
    タメル地区から約5㎞東にあり、タクシーでRs300~400、所要20~30分で着く。
  • パタン Patan
    外国人は広場の手前で入場料Rs500を支払い、1週間有効のチケットを受け取る。
    このチケットは、広場の500mほど西にあるLSMCオフィスで手続きすれば、ビザの有効期間内ずっと利用できるビジターパスを無料で発行してくれる。
    手続きの際に必要な物はチケット、パスポート、顔写真1枚。
    タメル地区から約7㎞南にあり、タクシーでRs300~400、所要20~30分で着く。
  • バクタプル Bhaktapur
    町に入る道にチェック・ポイントがあり、外国人はここで入域料Rs1500を支払う。
    このチケットは7日間有効だが、ダルバール広場のゲート脇にあるオフィスで手続きすれば、ビザの有効期間内ずっと利用できるパスを無料で発行してくれる。
    手続きの際に必要な物はチケット、パスポート、ビザのコピー、顔写真2枚。
    タメル地区から約15㎞東にあり、タクシーでRs800~1000、所要40分ほどで着く。
  • チャング・ナラヤン Changu Narayan
    町の石段の下にはカウンターがあり、外国人は入域料Rs300を支払う。
    タメル地区から約20㎞東にあり、タクシーでRs1000~1200、所要50分ほどで着く。

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からネパールへの直行便はないため、バンコク、デリー、香港、ソウル、シンガポール、クアラルンプールなどアジアの主要都市を経由して、ネパール唯一の国際空港であるカトマンズのトリブバン国際空港(Tribhuvan International Airport)に向かうのが一般的。
航空会社や経由地にもよるが、所要時間は約15時間~で、経由地で1泊する便も多い。

空港からカトマンズ市内への移動について

空港からカトマンズの中心部へは約4㎞あり、移動手段はタクシーのみ。
ホテルやゲストハウスが集中するタメル地区までは、所要30分ほどで料金はRs700。
到着ロビーから外に出ると、右側にタクシーの受付カウンターがあるので、ここで手配してもらう。

空港から各地への料金はパタンがRs750、バクタプルがRs1100、ナガルコットがRs2500。
ただし、21:00以降は料金がRs100増しとなる。

通貨と言語とビザについて

ネパールの通貨はルピー(Rupee)と補助通貨のパイサ(Paisa)、記号はルピーがRs、パイサがP、Rs1はP100となるが、現在パイサはほとんど流通しておらず、ホテルや観光地などではUSドルが使える所も多い。

公用語はネパール語だが、古くからイギリスとの関係が深かったこともあり、英語が通じる所も多い。
また、日本人が観光目的でネパールに入国するには、観光ビザが必要。
ビザに関しての詳細はこちら。
ネパールへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

この世界遺産に関する詳細はこちら
カトマンズ盆地:観光情報まとめ

気候に関してはこちら
ネパールの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
ネパールの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら