飛行機だけじゃない!日韓を結ぶフェリーと港!

現在は日本の各地からソウルや釜山へ直行便のフライトがあり、韓国を訪れる際は飛行機を利用するのが一般的だが、日本からフェリーや高速船を利用して行くこともできる。
釜山へは下関、博多、大阪、対馬の比田勝から、“冬のソナタ”や“四月の雪”などのロケ地として有名な港町である東海(トンヘ)へは鳥取の境からフェリーや高速船が運航されている。
乗船券の手配は、ほとんどが全国の大手旅行会社、もしくは各運航会社のウェブサイトから行える。

日本人の韓国への入国は、観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要。
パスポートの残存有効期間は入国時に3ヶ月以上必要。

下関~釜山


日本からは“関釜フェリー”が、韓国からは“釜関フェリー”がほぼ毎日1便運航している。
日本からは下関発19:45~08:00(翌日)釜山着、韓国からは釜山発21:00~07:45(翌日)下関着。
客室は2等~スイトールームまで4種類あり、値段は片道9000~2万8000円。
詳細はこちらの公式サイトから。
日本:関釜フェリー
韓国:釜関フェリー

博多~釜山(ニューかめりあ)


日本からは“カメリアライン”が、韓国からは“高麗フェリー”がほぼ毎日1便運航している。
日本からは博多発12:30~18:00釜山着、韓国からは釜山発20:00~7:30(翌日)博多着。
客室は2等~特別室まで数種類あり、値段は片道9000~2万円。
詳細はこちらの公式サイトから。
カメリアライン
高麗フェリー

博多~釜山(ビートル、コビー)


日本と韓国ともに“JR九州高速船”がほぼ毎日2便、“未来高速コビー”がほぼ毎日1便運航しており、どちらも発着の時間はその日によって異なる。
片道料金はJR九州は普通座席が1万3000円、グリーン席が+3000円、未来高速が普通席のみで1万2500円。
詳細はこちらの公式サイトから。
JR九州高速船
未来高速コビー

対馬の比田勝~釜山


日本と韓国ともに“JR九州高速船”と“未来高速コビー”がほぼ毎日2便運航しており、どちらも発着の時間はその日によって異なる。
片道料金はJR九州は普通座席が7500円、グリーン席が+1000円、未来高速が普通席のみで8000円。
詳細はこちらの公式サイトから。
JR九州高速船
未来高速コビー

大阪~釜山


日本と韓国ともに“パンスター”が週に3便運行しており、時間はその日によって異なる。
客室はスタンダードA~ロイヤルスイートまで数種類あり、料金は片道1万3000~8万5000円。
詳細はこちらの公式サイトから。
パンスター

鳥取の境~東海(トンヘ)


日本と韓国ともにDBSクルーズフェリーが毎週土曜に1便運行してる。
日本からは境発19:00~9:00(翌日)東海着、韓国からは東海発18:00~9:00(翌日)境着。
客室はエコノミーからプレジデント・スイートまで数種類あり、料金は1万1000~13万6000円。
DBSクルーズフェリーからは境から東海、さらにロシアのウラジオストクへ行く便もある。
詳細はこちらの公式サイトから。
DBSクルーズフェリー

釜山港国際旅客ターミナルから市内へのアクセス


上記の釜山行きの船舶は、全て釜山港国際旅客ターミナルに到着する。
ここから市内へは、有料シャトルバス、市内バス、タクシーなどで移動するのが一般的。

  • 有料シャトルバス
    2階のゲート3を出てすぐの所に乗り場があり、案内板も設置されている。
    運行時間は6:30~19:00の間で10~30分間隔で、料金は₩1000。ルートは国際旅客ターミナル>釜山駅裏門>釜山税関前>中央駅>クラウンハーバーホテル>釜山駅正門>草梁駅>釜山駅裏門>国際旅客ターミナル
  • 市内バス
    1階ゲート1を出た所に停留所があり、ターミナル側からは“バス5-1番”が、道路を渡った反対側からは“バス1004番”が出ている。5-1番の運行時間は5:42~23:12の間で大体15分間隔、料金は₩1300。
    ルートは忠武路>チャガルチ>中央洞>釜山駅東口>国際旅客ターミナル>凡一洞>西面>水営>BEXCO>盤如1洞(行きと帰りのルートが若干異なる場合があるので注意が必要)1004番の運行時間は5:50~23:00の間で大体15分間隔、料金は₩1800。
    ルートは国際旅客ターミナル>ヨンジュ洞>KORAIL釜山駅>西面>金海
  • タクシー
    2階ゲート3を出た所が乗り場になっているが、客待ちのタクシーが少ない時がある。
    そんな時はゲート3の前にある観光案内所に聞いてみるか、バスで市内まで行ってからタクシーを拾った方が早い場合もある。
    KORAIL釜山駅まで行くと客待ちのタクシーがたくさん停車している。

基本情報はこちら
韓国の基本情報

気候に関してはこちら
韓国の気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら