チトワン国立公園 観光情報まとめ

世界遺産の概要


中央ネパールの南部、マハーバーラタ山脈とチューリヤ丘陵の間に広がるタライ平原の一角に位置するチトワンは、かつては王家の狩猟場だったこともあり、手付かずの大自然が残されていた。
周辺では先住民のタルー族が昔ながらの住居で暮らし、水田や作物で色鮮やかに彩られた田園風景が広がる平原の彼方には、ヒマラヤ山脈の峰々が姿を現わす。

そんな豊かな自然に囲まれたチトワンで急速な開拓が行われるようになると、失われた大自然を保護するため、1962年にネパール初の野生動物保護区となり、1973年にはネパール初の国立公園に指定された。

東西80㎞、南北23㎞、総面積は932㎢に及び、うっそうとしたジャングルや草原が広がる公園内には、インドサイ、ベンガルトラ、アジアゾウ、ナマケグマ、ヒョウなどが生息し、絶滅が危惧される希少な野生動物の宝庫となっている。

その他にも公園内の川には淡水イルカ、ヌマワニ、インドガビアルなどが生息し、哺乳類、爬虫類、両生類はそれぞれ40種以上、鳥類は450種以上が確認されている。
このように、豊かな自然と野生動物の宝庫であるチトワン国立公園は1984年に世界遺産に登録された。
nepal-379_1280

チトワン観光の拠点はソウラハ村


チトワン国立公園を訪れる旅行者のほとんどが宿泊するソウラハ村(Sauraha)は、マヘンドラ・ハイウェイ上のタディ・バザール(Tadi Bazaar)から6㎞ほど南下した所にあり、カトマンズやポカラから出ているツーリストバスとグリーンラインバスもこのソウラハが終点になっている。

ソウラハはラプティ川を挟んでチトワン国立公園の北側に位置し、村にある80軒ほどのホテルは1泊US$50する所もあればRs500程度の所もあるので、宿探しで困ることはないでしょう。
カトマンズなどからツアーに参加して訪れることもできるが、バスやホテルもたくさんあるので、個人で訪れて現地で自分好みの宿を見つければ思いのままに過ごせる。

村の中心部のガイダ・チョーク周辺にはレストランや旅行会社、両替屋やレンタサイクルが集中し、村の周辺には先住民タルー族が暮らす集落が点在しているので、レンタサイクルを利用してこの集落を訪れることもできるし、ホテルや旅行会社で申し込めば様々なアクティビティが楽しめる。
また、村から3㎞ほど西にあるエレファント・ブリーディングセンターではゾウの保護と繁殖が行なわれ、子ゾウを含む数十頭のゾウが飼育されている。

このゾウたちは、11:00~12:00頃になるとソウラハに面するラプティ川にエレファントウォッシュ(水浴び)にやってくるの。
見学することもでき、Rs200でゾウに乗せてもらうこともできるが、乗る場合は濡れてもいい服装で。
エレファント・ブリーディングセンターの入園料はRs50で、ゾウが多いのは10:00前と15:00以降。
rhino-382_1280

チトワンで楽しめるアクティビティ


アクティビティの料金、時間、内容は手配するホテルや旅行会社によって異なるので参考までに。
また、アクティビティは国立公園周辺を巡るものと公園内を巡るものがあり、公園内に入る場合は入園料として別途Rs1700(1日有効)かかる場合と、アクティビティの料金に含まれている場合がある。

エレファント・サファリ

チトワンで最も人気のアクティビティで、ゾウに乗って国立公園周辺を散策する。
希少な野生動物に出会えるかは運だが、サイは比較的よく見られている。
料金はRs1500ほど、所要時間は約90分。
また、ゾウ乗り場はソウラハ東側と西側に1ヵ所ずつあり、乗り場までは送迎してもらえる。

ジープドライブ

屋根なしのジープにガイドと同乗し、ワニを飼育しているクロコダイル・ブリーディング・ファームや国立公園内の湖に立ち寄りながらを車を走らせ、野生動物に遭遇すると車を止めて説明してくれる。
料金はRs1600ほど、所要時間は約4時間。
また、ルートはジープと重なる場合があるが、公園内をガイドと歩くジャングル・ウォークもある。
こちらは半日でRs1000ほど、1日でRs1500ほど。

カヌーライド

1本の木をくりぬいて作った、数人乗りの丸木舟のカヌーで川をゆっくりと進んで行く。
水辺ではたくさんの野鳥が羽を休め、巨大なワニがひなたぼっこしている姿を観察できる。
料金はRs1200ほど、所要時間は約1時間。

バードウォッチング

ガイド付きのジープでラプティ川やその支流、ソウラハの周辺や国立公園内の湖の湖畔へと足を延ばし、水辺で休む鳥や大空を羽ばたく鳥を観察する。
最も鳥が多いのは、乾季の終わりの3~5月頃。
料金はRs500ほど、所要時間は2~3時間。
9928504475_84e3ef8f3a_k

チトワンとソウラハの気候


ネパールの国土は、北部のヒマラヤ山脈と南部のマハーバーラタ山脈の間に複雑な山岳地帯が広がっている一方で、南部のインド国境付近には“タライ”と呼ばれる広大な平原があり、地域や標高差によって気温や降水量が異なる。
また、ネパールには乾季と雨季、そして四季があり、季節によっても気候が大きく異なる。
夏の6~8月は雨季、秋の9~11月、冬の12~2月、春の3~5月は乾季となる。

ネパール南部に位置するチトワンやソウラハはかなり暑く、夏は高温多湿で蒸し暑い。
3月頃から30℃を超える日が多くなり、雨季前の4~5月は最高気温が40℃を超えることもある。
6~10月までは30℃超えの日が続き、雨も増えて蒸し暑くなるが、朝晩は20℃前後まで気温が下がる。

冬でも日中は25℃近くまで気温が上がるが、朝晩は8℃前後まで冷えるので防寒着が必要になる。
雨は11~2月はほとんど降らず、最も降水量が多い7・8月には1ヵ月に400~500㎜ほどの雨が降る。
6・9月は350㎜前後、5・10月は200~300㎜ほどの雨が1ヵ月に降る。

乾季と雨季の時期と特徴


乾季

その年によって若干の差はあるが、通常は9月後半~5月頃までが乾季で、気温も低く雨も少ない。
9~10月にかけて雨が少なくなっていき、11月には本格的な乾季に入る。
11~2月はほとんど雨が降ることがなく、ネパール観光のベストシーズンといえる。
4~5月になると徐々に雨が増えて気温も上がり、6月頃には雨季となる。

雨季

その年によって若干の差はあるが、通常は6月頃~9月前半までが雨季となる。
最も雨が多いのは7月で、8月もかなり雨が降るが、9月に入ると徐々に降水量は少なくなっていく。
雨季の初めは10~20分ほどで止む激しい夕立が1日1回ある程度だが、短時間で止んでいたこの夕立が1時間や2時間も続くようになり、1日1回だったのが2回や3回と増えていき、本格的な雨季となる。
雨季といっても、日本の梅雨のように1日中降り続くことはほとんどなく、激しいスコールの後には太陽が顔を出し、眩しい光が降り注ぐ。
nepal-949592_1920

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からネパールへの直行便はないため、バンコク、デリー、香港、ソウル、シンガポール、クアラルンプールなどアジアの主要都市を経由して、ネパール唯一の国際空港であるカトマンズのトリブバン国際空港(Tribhuvan International Airport)に向かうのが一般的。
航空会社や経由地にもよるが、所要時間は約15時間~で、経由地で1泊する便も多い。

空港からカトマンズ市内への移動について

空港からカトマンズの中心部へは約4㎞あり、移動手段はタクシーのみ。
ソウラハ行きのバスが出ているタメル地区までは、所要30分ほどで、料金はRs700。
到着ロビーから外に出ると、右側にタクシーの受付カウンターがあるので、ここで手配してもらう。

空港から各地への料金はパタンがRs750、バクタプルがRs1100、ナガルコットがRs2500。
ただし、21:00以降は料金がRs100増しとなる。

タメル地区発のソウラハ行きのバスについて

ツーリストバスは、タメル地区東側の大通りカンティ・パト(Kanti Path)に面するグローバル銀行前から発車しており、チケットは現地の旅行会社で購入できる。
朝7:00発で所要約5時間、料金はRs500~600。

グリーンラインバスは、タメル地区東側のガーデン・オブ・ドリームス(Garden of Dreams)前のグリーンライン事務所から発車しており、チケットはこの事務所で購入できる。
朝7:30発で所要約7時間、料金はUS$20。

通貨と言語とビザについて

ネパールの通貨はルピー(Rupee)と補助通貨のパイサ(Paisa)、記号はルピーがRs、パイサがP、Rs1はP100となるが、現在パイサはほとんど流通しておらず、ホテルや観光地などではUSドルが使える所も多い。

公用語はネパール語だが、古くからイギリスとの関係が深かったこともあり、英語が通じる所も多い。
また、日本人が観光目的でネパールに入国するには、観光ビザが必要。
ビザに関しての詳細はこちら。
ネパールへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

気候に関してはこちら
ネパールの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
ネパールの基本情報

ネパールのその他の世界遺産に関する情報はこちら
カトマンズ盆地

合わせて読みたい記事はこちら