オーストラリアの基本情報

正式国名

オーストラリア連邦 Commonwealth Of Australia

国土面積

約768万2300㎢ (日本の約21倍)

首都

キャンベラ Canberra

人口

約2391万人

宗教

キリスト教61%、無宗教22%。

言語

英語が公用語として使われている。

通貨

通貨はオーストラリアドル(A$)とオーストラリアセント(A¢)で、A$1は100A¢。
国際通貨コードはAUD。

チップ

チップの習慣はないとされているが、都市部の高級レストランでの食事の際や、高級ホテルでのルームサービス、タクシーのトランクへの荷物の積み降ろしなど、特別なサービスを受けた時にはチップを渡すのが一般的。
レストランでは料金の10%ほどが相場だが、料金にサービス料が含まれている場合や、料理の味やサービスに不満があった場合はチップを支払う必要はない。
ホテルでは$3~5ほど、タクシーは料金の5~10%ほどが相場。

飲料水

ミネラルウォーターが売られているが、水道水も問題なく飲める。

電圧とプラグ

220~240Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形状はO型が主流。(日本はA型)

日本との時差

オーストラリアは国内の地域によっても時差がある。
西部は日本から-1時間、中央部は日本から-30分、東部は日本から+1時間となる。
また、10月の最終日曜〜4月の第1日曜まで、ビクトリア州、南オーストラリア州、ニューサウスウェールズ州、タスマニア州、オーストラリア首都特別区、ではサマータイム(デイライトセービング)が実施されており、これらの地域のこの期間中は、時差がさらに+1時間となる。

日本からのフライト

日本からは、オーストラリアの各都市に直行便が出ている。
ケアンズまで約7時間、ゴールドコースト、ブリスベンまで約8時間、シドニーまで約9時間、メルボルンまで約10時間。

ビザ

オーストラリアへの入国にはビザを取得するか、ETA登録が必要。

ETAに関しての詳細はこちら
オーストラリアへの入国とETA登録方法

気候に関してはこちら
オーストラリアの気候とベストシーズン

オーストラリアの世界遺産に関する情報はこちら
グレートバリアリーフ
ウルル−カタ・ジュダ国立公園
カカドゥ国立公園
シドニー・オペラハウス
フレーザー島
グレーター・ブルー・マウンテンズ地域
タスマニア原生地域(オーストラリア囚人遺跡群)

合わせて読みたい記事はこちら