モンゴル旅行・観光情報

モンゴルの基本情報:国旗、時差、言語、人口、宗教、首都、治安、飲料水など

モンゴルに行きたいけど、どんな国なんだろう?
この記事には、知っておくと少し役立つ情報を書きました。
国旗

赤と青で三分割された左下に「ソヨンボ」というモンゴル独自の表彰が描かれています。

モンゴルの国旗

正式国名

モンゴル国 Mongolia

国土面積

約156万4100㎢(日本の約4倍)

首都

ウランバートル Ulaanbaatar

人口

約306万人

宗教

チベット仏教を信仰する国民が多く、その他にはイスラム教などが少数います。

言語

公用語はモンゴル語。
社会主義時代に教育を受けた世代はロシア語を理解する人も多いです。
また、観光地では英語や日本語が通じる場所もあります。

モンゴルの基本情報:国旗、時差、言語、人口、宗教、首都、治安、飲料水など

通貨

通貨はトゥグリク(ugri)で、Tgと表記します。
国際通貨コードはMNT。

チップの相場

モンゴルにチップの習慣はなく、中級〜高級のレストランやホテルは料金にサービス料が含まれることが多いです。
特別なサービスを受けたと感じた時には2000〜5000Tgほどのチップを渡すとスマート。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方がいいでしょう。
飲料水は市販のミネラルウォーターを。

コンセント:電圧とプラグ

220Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要です。
電源アダプタに100〜240Vと書いてあればそのまま使用できます。
プラグの形状はB型、B3型、C型が主流(日本はA型)。

治安と緊急時の連絡先

こちらのリンクに治安と事例、緊急時の警察窓口や病院の連絡先が記載されています。
これは在モンゴル日本国大使館が発行したPDFファイルです。
モンゴル:安全の手引き

日本とモンゴルの時差

日本より1時間遅れ(日本の正午はモンゴルの11:00)。
モンゴルは国内にも時差があり、モンゴル西部は日本より2時間遅れです。

アクセス:日本からモンゴルへのフライト

日本からモンゴルへは直行便がでており、ウランバートルのチンギス・ハーン国際空港まで4〜6時間ほど。

ビザ:モンゴルへの入国

日本人のモンゴルへの入国は、30日以内の滞在であればビザ不要。
ただし、出国用の航空券(eチケット)や乗車券を持っていることが条件。
パスポートの残存有効期間は、モンゴル入国時に6ヶ月以上と査証欄の余白が2ページ以上必要。

モンゴルの関するその他の記事はこちら
合わせて読みたい記事はこちら

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます