陸路で入国できるオマーン~U.A.E間の国境とルート

オマーンとU.A.E(アラブ首長国連邦)は南北に長く国境を接しており、日本人を含む外国人旅行者も陸路で両国を行き来することができる。
U.A.Eへの日本人の観光目的での入国は、30日以内の滞在であればビザ不要。
オマーンへの日本人の観光目的での入国にはビザが必要だが、入国時に取得可能。
ビザに関する詳細はこちら。
オマーンへの入国とビザ取得方法

陸路の国境とルート


陸路で越えれる国境は、U.A.E側ハッタ(Hatta)~オマーン側ワジャジャ(Wajajah)とアル・アイン(Al Ain)~ブライミ(Buraimi)で、両国から国際バスが運行されているほか、レンタカーでの国境越えも可能。

U.A.Eからはドバイ、オマーンからは首都マスカットやサラーラから国際バスが行き来しているが、旅行者によく利用されているのはドバイ~マスカットのルートで、移動と出入国審査の手続きを含めて所要7~8時間ほどで、バスは両都市のONTCバスターミナルから発着する。

ドバイのターミナルの場所は、ドバイメトロ・レッドラインのドバイシティ・センター駅とクロックタワーの中間にあり、駅から徒歩5分ほど。
マスカットのターミナルの場所は、ルイ(Ruwi)という地区のメインストリート(Al Jaam St.)沿い。
サラーラのターミナルの場所は、市内中心部の公営市場の裏手にある。
ちなみに、U.A.Eを出国する際には出国税35Fils(AED)の支払いが必要になるので注意が必要。

両国の基本情報はこちら
オマーンの基本情報
アラブ首長国連邦の基本情報

合わせて読みたい記事はこちら