フィリピンの気候とベストシーズン

7107もの島々からなるフィリピンは熱帯性気候に属し、年間を通じて日本の夏のように温暖である。
季節は乾季、雨季、暑季の3つに大きく分けられるが、乾季と雨季の時期は地域よって少し異なる。
暑季は3~5月で、この時期は大半の地域で気温が3~4℃高くなり、最高気温が35℃を超えることもある。

普段の平均最高気温は30℃、最低気温は23℃ほどで、地域による気温の違いは一部の高地以外はあまりなく、年間を通じて日本の夏服で過ごせる。
基本的には高温多湿で蒸し暑いが、雨のあとは涼しく感じるほど気温が下がることもある。
また、乗り物や建物の中は冷房が効きすぎていることがあるので薄手の上着があるといいでしょう。

雨季や台風シーズンの7~9月は傘が役に立たないほど激しいスコールに見舞われ、インフラがあまり整備されていない町では道路は川と化し、土砂崩れや洪水によって交通機関が麻痺する。
こうなると移動や観光に支障をきたすので、この時期に訪れるなら余裕のある予定を組みたい。

地域別の気候


マニラ


首都マニラは、フィリピンの島々の中で最大の面積を誇るルソン島の中央部に位置する。
乾季と雨季がはっきり分かれているのが特徴で、乾季の1~4月はほとんど雨は降らない。
しかし、マニラは毎年台風が通過する地域であり、雨季の6~10月は大量の雨が降る。
6・10月の1ヶ月の降水量は250㎜前後だが、7~9月は毎月400㎜もの雨に見舞われる。
観光のベストシーズンは雨が少ない12~4月となる。

ルソン島北部と南部


南北に細長く延びるルソン島は地域によって気候が異なる。
北部に広がる山岳地帯の町バギオは標高1500mに位置し、年間平均気温は19℃とかなり涼しい。
年間を通じて気温の変化はあまりなく、平均最高気温は23℃、最低気温は15℃で、朝晩はかなり冷え込むので防寒着が必要になる。

乾季と雨季ははっきりしており、乾季の12~3月はあまり雨は降らない。
雨季の5~10月は大量の雨が降り、台風シーズンとなる7~9月は毎月500㎜以上の豪雨に見舞われる。
5・6・10月の1ヶ月の降水量は300㎜ほど。
バギオは避暑地として人気の町で、観光のベストシーズンは雨の少ない12~3月となる。

南部の町ナガも乾季と雨季がはっきりしており、乾季の12~4月はあまり雨は降らない。
北部に比べて雨は少なく、雨季の6~10月は毎月250~350㎜ほどの雨が降る。
観光のベストシーズンは雨の少ない12~4月となる。

ビサヤ諸島(セブ島)


ビサン諸島はフィリピンの島々の中央付近に位置し、いくつかの大きな島と多数の小さな島からなる。
主な島はセブ島、マクタン島、ボラカイ島、ボホール島、ネグロス島、パナイ島、サマール島、レイテ島、シキホール島など。

セブ島

ビサン諸島の中央に位置するセブ島は、はっきりとした乾季と雨季はなく、年間を通じて雨は少ない。
1ヶ月の降水量は、比較的雨の多い6~11月は130~160㎜ほどで、12~5月は30~100㎜ほど。
明確な雨季がないので通年観光可能だが、ベストシーズンは特に雨の少ない1~5月となる。

ネグロス島

セブ島の西に位置するネグロス島は、島の東側と西側で気候が異なり、北西部の中心都市バコロドははっきりとした乾季と雨季がある。
1ヶ月の降水量は、雨季の6~10月は200~350㎜、乾季の1~4月は30~60㎜ほど。
観光のベストシーズンは乾季の1~4月となる。

南東部の中心都市ドゥマゲッティははっきりとした乾季と雨季はなく、年間を通じて雨が少ない。
1ヶ月の降水量は、比較的雨の多い6~12月が70~100㎜、1~5月は20~50㎜ほど。
明確な雨季がないので通年観光可能だが、ベストシーズンは特に雨の少ない1~5月となる。

パナイ島

ビサン諸島の西部に位置するパナイ島は、はっきりとした乾季と雨季がある。
パナイ島の中心都市イロイロの1ヶ月の降水量は、雨季の6~10月は250~350㎜、乾季の12~4月は20~60㎜ほどで、乾季が観光のベストシーズンとなる。

レイテ島

ビサン諸島の東部に位置するレイテ島は年間を通じて雨が降り、はっきりとした乾季と雨季はない。
レイテ島の中心都市タクロバンの1ヶ月の降水量は、雨の多い10~2月が200~300㎜、3~9月が110~160㎜で、比較的雨の少ないこの時期が観光のベストシーズンとなる。

サマール島

ビサン諸島の北東部に位置するサマール島はビサン諸島で2番目に大きい島で、年間を通じて雨が多いが、季節は一応乾季と雨季に分けることができる。
東海岸の都市ボロンガンの1ヶ月の降水量は、雨季の10~3月は320~640㎜、乾季の4~9月は140~260㎜で、最も雨が多いのは11~1月、最も雨が少ないのは7~9月。
観光のベストシーズンは比較的雨の少ない乾季となる。

ミンダナオ島


ミンダナオ島はフィリピンの島々の中で2番目の面積を誇る島で、面積は北海道よりやや大きい程度。
はっきりとした乾季と雨季はなく、台風もめったに上陸しないので過ごしやすい。
中心都市であるダバオの1ヶ月の降水量は、比較的雨が多い4~11月は140~200㎜、12~3月は70~110㎜。
明確な雨季がないので通年観光可能だが、ベストシーズンは特に雨の少ない12~3月となる。

パラワン島


フィリピンの南西に位置するパラワン島は南北に細長く延びる島で、周辺にはカラミアン諸島、クヨ諸島、カガヤン諸島など1780もの島々が点在する。

パラワン島の中心都市プエルト・プリンセサは比較的雨が少ないが、乾季と雨季ははっきりしている。
1ヶ月の降水量は、雨季の5~12月は100~150㎜、乾季の1~4月はほとんど雨は降らない。
観光のベストシーズンは乾季の1~4月となるが、雨季といってもそれほど降水量は多くないので、観光に適さないという訳ではない。

基本情報はこちら
フィリピンの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら