アイルランドの気候とベストシーズン

北海道とほぼ同じ大きさのアイルランドの気候は、大西洋の影響を大きく受けている。
一応四季があり、季節の時期も日本と同じだが、日本の四季ほど大きな変化はない。

アイルランドは国全体が北海道より北に位置するが、温暖なメキシコ湾流と偏西風の影響でそれほど冷え込むことはなく、冬の気温は東京とあまり変わらない。
夏の最高気温もせいぜい20℃ほどで、暑すぎず寒すぎない、過ごしやすい気候をしている。

気温と服装は?


ダブリンの冬の気温は東京より少し低い程度なので、日本の冬のような服装で過ごせる。
冬の平均最高気温は8℃、最低気温は2℃だが、雨の後は急に冷え込むこともあるので防寒対策が必須。

夏の最高気温は20℃ほどで日中は過ごしやすいが、朝晩は10℃前後まで冷え込むので夏でも厚手の上着が必要になる。
気温は高くなくても日差しは強いので、帽子や日焼け止めなどの紫外線対策も心掛けたい。
また、夏の日中でも雨の後は冷え込むので、持ち歩けるような薄手の上着があると便利。

降水量は?


ダブリンの年間降水量は700~800㎜ほどで、夏よりも冬の方が少し雨が多い。
年間を通じて毎月50~70㎜ほどの雨が降るが、日本の梅雨のように1日中降り続くことはあまりなく、数時間で止むことがほとんど。
冬でも雪が降るのは稀で、積もるようなことはほとんどない。

また、1日の天気が変わりやすく、晴れていても急にスコールのように激しい雨に見舞われることがあるので、折りたたみ傘やカッパなどの雨具があると便利。

ベストシーズンは?


年間を通じて観光可能だが、ベストシーズンは温暖は夏となる。
日照時間の長い夏は夜の10時頃まで明るいため、遅くまで安心して観光できる。

6~9月の昼間は20℃前後の過ごしやすい日が続くので、夏の避暑地としてとても人気が高い。
多くの旅行者で混雑しているのが嫌だという人は、6月や9月に訪れるのもいいでしょう。

基本情報はこちら
アイルランドの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら