ケニアの気候とベストシーズン

アフリカ東部のケニアは赤道直下に位置し、北部にはほとんど雨の降らない砂漠地帯が広がっている。
主要な都市は中央部の高地とその周辺、東部のインド洋沿岸、そして西部のビクトリア湖岸に集中しており、これらの地域によって気候が少し異なる。

気温について


高地の最高気温は25℃前後で過ごしやすいが、インド洋沿岸やビクトリア湖岸では30℃を超える日も珍しくなく、朝晩も気温があまり下がらないので、高温多湿で寝苦しさを感じることもあるでしょう。
一方で高地は1日の寒暖差が激しく、朝晩は10℃以下まで冷え込む日もあるので、薄手の上着や防寒着が必要になる。

季節について


地域によって時期に少し違いがあるが、基本的には3~5月が大雨季、11~12月が小雨季、それ以外が乾季となるが、雨季と言っても日本の梅雨のように1日中降り続くことは少なく、短時間で止む激しいスコールがある程度なので、観光に適さないという訳ではない。

ナイロビの気候と特徴


ナイロビは標高は約1700mの中央部の高地に位置し、年間を通じて涼しく過ごしやすい。
平均最高気温は25℃前後で、30℃を超えることはほとんどなく、最も涼しい6~8月は日中でも20℃前後までしか気温が上がらない。

最低気温は雨季は13℃ほどだが、乾季は空気が乾燥するため冷え込みが厳しく、朝晩は10℃以下まで冷え込む日もあるので、日中はTシャツで過ごせても朝晩は薄手の上着や防寒着が必要になる。

1ヶ月の降水量は3~5月は100~200㎜以上、11~12月は100~150㎜ほど。
雨季の間の1~2月、季節の変わり目の10月の降水量は毎月50㎜ほどで、涼しくて雨の降らない6~9月がナイロビ観光のベストシーズンとなる。

キスムの気候と特徴


ケニア西部、ビクトリア湖に面したキスムの標高は約1170mで、ナイロビより温暖な気候をしている。
年間を通じて気温の変化は少なく、最高気温は常に30℃前後だが、比較的涼しい5~9月は28℃ほど。

ナイロビと違って日中は30℃を超える日も多く、朝晩も22~24℃までしか気温が下がらないので、蒸し暑くて寝苦しさを感じる夜もあるでしょう。

1ヶ月の降水量は3~5月は150~200㎜以上、11~12月は100~150㎜ほど。
雨が降らない時期はなく、雨季以外の時期も毎月80~90㎜ほどの雨がふる。
服装は常に日本の夏服で過ごせるが、カッパや折りたたみ傘などの雨具があると安心して観光できる。

モンバサの気候と特徴


ケニア東部、インド洋沿岸に位置するモンバサの気候は、キスムよりも暑くて高温多湿。
特に暑さの厳しい12~4月は最高気温が連日30℃を超え、35℃近くまで気温が上がる日もある。

それ以降は少しずつ暑さは和らぎ、日中でも気温は28℃前後に落ち着く。
最低気温は12~4月は23℃前後だが、これ以外の時期は20℃まで下がるので涼しく過ごしやすい。

1ヶ月の降水量は4~5月は150~250㎜、10~12月は100㎜前後。
1~2月はほとんど雨が降らないが、それ以外の時期は毎月50~80㎜ほどの雨がふる。
服装は基本的には夏服で、持ち運べる雨具があると便利でしょう。

基本情報はこちら
ケニアの基本情報

ビザに関してはこちら
ケニアへの入国とビザ取得方法
東アフリカ観光ビザの取得方法

合わせて読みたい記事はこちら