ウガンダの気候とベストシーズン

アフリカ中央部のウガンダは赤道直下に位置しているが、国土の大半が平均海抜1200mの高地にあるため、暑さはそれほど厳しくなく、東京の夏よりも涼しく過ごしやすい。

年間を通じて気温の変化は少ないが、国土の北側から西側に連なる山岳地帯は天候が変わりやすく、日中は暖かくても朝晩の冷え込みは厳しい。

カバレ(Kabale)やフォート・ポータル(Fort Portal)は10℃以下まで冷え込むこともあるので、これらの地域を訪れるなら防寒着を用意したほうがいいでしょう。

雨季について


季節は地域により少し異なるが、基本的には3~5月と10~12月が雨季となる。
しかし、日本の梅雨のように1日中降り続くことは少なく、短時間で止むスコールがある程度。
また、道路状況は決して良いとは言えず、雨季には冠水して交通に支障をきたす場合もある。
雨季に観光で訪れるなら、余裕を持った日程で予定を組みたい。

首都カンパラの気候と特徴


ウガンダ東部、ビクトリア湖を見下ろす丘の上に位置するカンパラは標高約1150mに位置する。
最高気温は年間を通じて25~28℃ほどで、30℃を超えることはあまりない。
最低気温も16~18℃ほどなので、朝晩も薄手の上着があれば過ごせる。

最も涼しいのは5~8月で、雨の少ないこの時期が観光のベストシーズンとなる。
最も暑くなるのは1~2月だが、この時期も雨が少ないので観光には適している。

カンパラで雨が多いのは3~5月と9~12月で、この時期は毎月100㎜ほどの雨がふる。
最も雨が多いのは4~5月で、1ヶ月の降水量は150~200㎜になる。
カッパや折りたたみ傘などの雨具があると安心で、雨の後は道路状況にも注意を払いたい。

カンパラ近郊、空港のあるエンテベは4~5月の1ヶ月の降水量は250㎜を超える。
渡航の時期を選べるなら、この2ヶ月間だけは避けたほうが無難である。

基本情報はこちら
ウガンダの基本情報

ビザに関してはこちら
ウガンダへの入国とビザ取得方法
東アフリカ観光ビザの取得方法

合わせて読みたい記事はこちら