エチオピアの基本情報

正式国名

エチオピア連邦民主共和国 Federal Democratic Republic of Ethiopia

国土面積

約109.7㎢(日本の約3倍)

首都

アディスアベバ Addis Ababa

人口

約9939万人

宗教

キリスト教とイスラム教が人口をほぼ二分して共存しており、キリスト教の大半はエチオピア正教徒。
その他に、ユダヤ教や伝統宗教が少数。

言語

公用語は独自の文字を持つアムハラ語だが、英語が通じるところも多い。
その他に、ティグリニャ語やオロモ語など各民族が独自の言語を持つ。

通貨

通貨はエチオピア・ブル(Birr)と補助通貨のサンチューム(Santiom)。
国際通貨コードはETB。

チップ

チップの習慣はそれほど根付いていないが、高級ホテルのルームサービスや荷物を運んでもらったりした際には5ブルほどが目安。
サービス料の含まれていない高級レストランでは料金の10%程度が相場。
ガイドやドライバーを1日してもらった際は50ブルほどが目安。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方が良い。
飲料水は各所で売られているミネラルウォーターを。

電圧とプラグ

220Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形状はBF型、C型など。(日本はA型)

習慣とマナー

12時間制の独特の“エチオピア時間”というものが存在する。
日本でいうAM6:00(日の出)から1日の時間が始まり、AM7:00が1時となる。
そして日本でいう18:00がエチオピアでは12時(0時)になり、12時間制のサイクルが終わる。
ここから2度目の12時間制が始まり、日本でいう19:00がエチオピアでは1時になる。
時間を尋ねたり待ち合わせをする際は、エチオピア時間なのか通常の時間なのか確認する必要がある。

日本との時差

日本より6時間遅れ。(日本の正午はエチオピアのAM6:00)

日本からのフライト

現在、日本からの直行便はなく、エチオピア航空の香港経由でエチオピアのボレ国際空港に行くルートが最短で、フライト時間は16時間ほど。
その他にも、ドバイ、ドーハ、アブダビ経由のフライトを、エミレーツ、カタール、エティハドなどの航空会社が扱っている。

ビザ

日本人のエチオピアへの入国はビザが必要で、ビザは事前に大使館で申請・取得するか、エチオピア入国時にボレ国際空港でアライバル・ビザを取得するかになる。

ビザに関する詳細はこちら
エチオピアへの入国とビザ取得方法

気候に関してはこちら
エチオピアの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら