誰でも行ける?世界遺産アユタヤへの行き方!

アユタヤとは?


首都バンコクから北へ約80㎞、チャオプラヤー川とその支流に囲まれた中洲の町アユタヤは、1351年から約400年にわたってアユタヤ王朝の都として君臨し、アユタヤとはヒンディー語で“難攻不落”を意味する。

“黄金の都”と称されたアユタヤはウートーン王によって建都され、インドシナ半島最大の都市として栄華を極めると、ヨーロッパ諸国から“ロンドンのように見事”と褒め称えられる国際都市に発展していく。

その一方で、王位継承争いや隣国ビルマ(現在のミャンマー)との戦いが絶えなかったアユタヤは1767年、度重なるビルマ軍の侵攻を受けてついに陥落し、アユタヤ王朝はその歴史に幕を下ろした。

当時のアユタヤ王朝遺跡群と、のちに修復された遺跡が数多く残る一帯は1976年に“アユタヤ歴史公園”に指定され、1991年に“古都アユタヤ”として世界遺産に登録された。

アユタヤはどんな町?


アユタヤは北をオールド・ロッブリー川、東をパーサック川、南と西をチャオプラヤー川に囲まれた島の中の町で、島の広さは東西に約4㎞、南北に約3㎞で、島とその周囲に遺跡が点在している。
町の中心にある池の周辺に多くの遺跡が点在し、バンコクからのエアコンバスはこの辺りに到着する。

タイ北部からのバスは、町の中心から約4㎞東の長距離バスターミナルに到着し、ここから中心部まではトゥクトゥクやソンテウで所要20~30分ほど。
各地からの列車が発着する鉄道駅は町の東、川の外側に位置し、駅の近くから出ている渡し舟で川を越えて島に行くことができ、船は人が集まりしだい出発する。

アユタヤ市内の移動手段は?


トゥクトゥク

エンジン付きの小型三輪車で、料金は交渉しだいで1回50Bほどが相場。
トゥクトゥクで島内の見どころを回るなら、移動するたびにトゥクトゥクを探して値段交渉するよりも、最初に交渉をして1日チャーターした方が安く効率よく回れる。

レンタサイクル・レンタバイク

鉄道駅やゲストハウス、チャオプロム市場や繁華街などのお店で借りられ、料金は自転車が1日30~50B、バイクは1日300B~で、時間貸ししてくれる所もある。

自転車はひったくりに遭わないよう注意が必要で、カゴに入れた荷物をバイクで追い抜きざまにひったくる事件がたまに発生している。
また、タイでバイクを運転するには国際運転免許証が必要。

ソンテウ・路線バス

ソンテウは乗合いバスのようなもので、路線バスと同じような役割を果たしている。
路線バスはバス停に停車するバスの番号が表示されているが、本数がやや少ない。
料金はどちらも1回10Bほど。

ボート

鉄道駅近くの渡し舟のほか、島北東部のナワン・ナイトマーケットそばの船着場からボートが出ており、島を囲む川を2~3時間かけて1周することができる。
料金は6人乗りで600Bほどで、ボートツアーを催行するゲストハウスもある。

日本からのアクセスと行き方


日本からタイへの直行便があり、バンコクのスワンナプーム国際空港まで所要5~6時間ほど。
バンコクからアユタヤへは、バンコク市内のバスターミナルや鉄道駅からバスや列車で移動する。

アユタヤ行きの列車はクルンテープ駅から毎日30本ほど、バスは北バスターミナルから毎日10~15便ほどあり、アユタヤまでの所要時間はどちらも90~120分ほど。
また、南バスターミナルと戦勝記念塔からもアユタヤ行きのロットゥー(ミニバス)が毎日出ている。

空港からバンコク市内への移動手段

エアポートリムジン

空港の到着ロビーや荷物受け取りエリアの窓口で申込み可能で、料金もここで支払う。
料金は行き先や車種によって異なるが、市内中心部までは1300~1500Bほど。
24時間運行されており、市内まで所要30~60分ほど。

メータータクシー

空港ターミナルビル1階の4番と7番の出口の外に自動受付機が並んでおり、タッチパネルの画面に触れるとゲート番号が記された紙がプリントアウトされるので、この紙に記されたゲートに停まっているタクシーに乗車する。

この紙には運転手の氏名や車両番号、会社連絡先なども記されているので、忘れ物やトラブルがあった時のために捨てないでとっておいた方が良い。

市内までの料金は250~300Bほどで、このメーター料金と別途で手数料50Bを支払う。
この手数料は、空港の自動受付機でタクシーを手配したことで発生する料金である。
こちらも24時間運行されており、市内まで所要30~60分ほど。

エアポートバスA3

空港ターミナルビル1階の8番出口から出て、通りを渡ると駐車場ビル手前の通り沿いに乗り場があり、新しいエアコン付きのバスが使用されている。
空港南のバーンナー・トラート通りを経由し、市内南東のBTSウドムスック駅に着く。
運行時間は6:00~20:00で30~60分に1本で、料金は30B、所要時間は約40分。

エアポートレイルリンク(ARL:空港連絡鉄道)

空港ターミナルビル地下1階のスワンナプーム駅から、市内のパヤー・タイ駅を約30分で結ぶ全8駅の各駅停車の列車で、朝5:56~深夜0:30の間で大体15分おきに運行されている。
料金は降りる駅によって異なり、終点のパヤー・タイ駅までは45B。

パヤー・タイ駅と通路で繋がるBTSパヤー・タイ駅で別の路線に乗り換えれば、戦勝記念塔最寄りのVictory Monument駅、北バスターミナル最寄りのモーチット駅(Mo Cnit)に行くことができる。
また、パヤー・タイ駅から戦勝記念塔までは1㎞ほどなので、歩いて行くことも可能。

路線バス

路線バスは空港敷地内のパブリック・トランスポーテーション・センター始発で、ここまではターミナルビル2階から空港敷地内を巡回する無料のシャトルバスで10分ほど。

バスはエクスプレス(Express)とオーディナリー(Ordinary)の2種類があるが、オーディナリーは時間がかかるので利用するならエクスプレスがオススメ。
市内までは所要1~2時間、料金は34Bで、窓口か乗車時に運転手に支払う。

通貨と言語とビザについて

通貨はバーツ(Baht)で表記はB、補助通貨はサタン(Satang)で表記はS。
公用語はタイ語だが、観光地のホテルやレストランでは英語が通じる所もある。
日本人の観光目的でのタイへの入国は、空路の場合はタイ出国用の航空券(eチケットでも可)を持っていれば、ビザなしで最大30日間滞在可能。

陸路や海路で入国する場合はビザなしで最大15日間滞在可能。
これ以上タイに滞在する場合は、事前に観光ビザの取得が必要となる。
ビザに関しての詳細はこちら。
タイへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

この世界遺産に関する詳細はこちら
古都アユタヤ:観光情報まとめ

基本情報はこちら
タイの基本情報

気候に関してはこちら
タイの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら