誰でも行ける?世界遺産マデイラ島への行き方!

マデイラ島とは?


ポルトガルの首都リスボンの南西約1000㎞の大西洋上に浮かぶマデイラ諸島は、マデイラ島を中心とした4つの島々から成り、ローマ時代にはすでにその存在が知られていた。

島が再発見されたのは1419年、探検家ジョアン・ゴンサルヴェス・ザルコによるもので、その後は新大陸との貿易の重要な中継地点として発展していき、温暖な気候を生かしたワイン造りも盛んに行われている。

“冬が春を過ごしにやってくる土地”と称されるほど年間を通じて温暖な気候のマデイラ島には、ヨーロッパ大陸で氷河期に失われてしまった自然が、現在も変わらぬ姿のまま生き残っている。

そんな貴重な大自然が広がるマデイラ島は、太古の森が残る約200㎢がマデイラ自然保護区に指定され、その中の約150㎢が“マデイラ島の照葉樹林”として1999年に世界遺産に登録された。

マデイラ島に町はあるの?


マデイラ島の観光の拠点となるのは、島の南東に位置し、山の斜面に広がる海沿いの町フンシャル。
ポルトガル本土からフライトがあるマデイラ空港は、ここから約20㎞西のサンタ・クルスという町にあり、空港~フンシャルは空港バス(Aerobus)で結ばれている。
空港バスでフンシャル市内まで所要40~50分、タクシーなら30分前後で着く。

フンシャル市内なら歩いて十分見て回れるが、近郊の町も回るならバスを利用するのが便利で、効率良く見どころを巡るなら現地旅行会社のバスツアーに参加する方法もある。
バスの時刻表やツアー情報は観光案内所で入手でき、ホテルにツアーのパンフレットが置いてあれば、そのままホテルでツアーの予約や手配をしてもらえる。

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からポルトガルへの直行便はなく、ヨーロッパの主要都市で乗り継いでポルトガルのリスボン空港に向かうのが一般的。
所要は乗り継ぎ込みで17~20時間ほどで、日本を昼頃に出れば現地時間で同日の夜に着く。
リスボン空港からマデイラ空港までは、国内線で所要2時間ほど。

通貨と言語とビザについて

通貨はユーロ(Euro)で表記は€、補助通貨はセント(Centimo)で表記は¢。
公用語はポルトガル語だが、観光地にある旅行者向けのホテルやレストランでは英語が通じる所も多い。
シェンゲン協定加盟国であるポルトガルへの入国は、90日以内の滞在であればビザは不要。
パスポートは残存有効期間がポルトガル出国予定日から3ヶ月以上と査証欄の余白が2ページ以上必要。
シェンゲン協定に関しての詳細はこちら。
シェンゲン協定加盟国への入国

この世界遺産に関する詳細はこちら
マデイラ島の照葉樹林:観光情報まとめ

基本情報はこちら
ポルトガルの基本情報

気候に関してはこちら
ポルトガルの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら