誰でも行ける?世界遺産シントラへの行き方!

シントラとは?


ポルトガルの首都リスボンから西へ約28km、深い緑に覆われた山間の町シントラは、夏の避暑地として代々ポルトガルの王家に愛され、この地を訪れた英国の詩人バイロンは“この世のエデン”と称し絶賛した。

シントラの町の歴史は7~8世紀頃、イスラム教徒のムーア人が城を造ったことから始まり、1147年にポルトガル初代国王がこの地をイスラム勢力から奪還すると、シントラの町はポルトガルに統合された。

大航海時代やそれ以前の歴史を今に伝えるシントラ一帯には、当時の王宮や宮殿など残されており、これらの歴史的建造物は“シントラの文化的景観”として1995年に世界遺産に登録された。

シントラのどこに向かえばいいの?


列車でシントラ駅に着いたら、まず駅構内の観光案内所で町の地図を入手し、それから観光の拠点となるシントラ・ヴィラ(Sintra Vila)という地区を目指したい。

シントラ・ヴィラ中心部のレプブリカ広場(Pr. de Republica)に面して王宮が建ち、周囲の山の上にムーアの城壁、ペーナ宮殿、レガレイラ宮殿がある。

シントラ・ヴィラへの行き方は?


駅から広場へは、ムーアの泉を経て徒歩20分ほどだが、駅前から出ているNo.434のバスでも行ける。
このバスは駅~シントラ・ヴィラ~ムーアの城壁~ペーナ宮殿~シントラ・ヴィラ~駅と循環しており、1度チケットを購入すれば、その日はどこでも乗り降り自由なので利用しやすい。
料金は€5で、チケットは運転手から購入できる。

この他にも、No.435のバスが駅~シントラ・ヴィラ~レガレイラ宮殿~パラシオ・デ・セテアイス(ホテル)などを循環している。
各ルートの時刻表は駅構内の観光案内所、または駅前のバス会社営業所で入手出来る。

シントラ周辺を効率よく観光するには?


上記のバスも含め、シントラやカスカイス周辺のバスを運行しているScotturb社が、ほぼ全てのバスで利用できる1日パス“Bilhete Turistico Diario”を販売している。
各バスの運転手から購入でき、料金は€12。

このチケット1枚で、シントラを巡るNO.434やNo.435、ロカ岬行きのNo.403、カスカイス行きのNo.417、エストリル行きのNo.418などに利用できる。

これらのバス乗車に、リスボンからの列車を組み合わせた“Bilhete Train&Bus”というパスもある。
ロシオ駅、シントラ駅、カスカイス駅、カイス・ド・ソドレ駅、オリエンテ駅、アルカンタラ・テッラ駅などを結ぶ路線に自由に乗車できる。

チケットは上記の各駅で購入でき、料金は€15。
リスボン~シントラ~ロカ岬~カスカイスを1日で回るならぜひ利用したい。
バス会社公式サイトはこちら。
Scotturb

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からポルトガルへの直行便はなく、ヨーロッパの主要都市で乗り継いでポルトガルのリスボン空港に向かうのが一般的。
所要は乗り継ぎ込みで17~20時間ほどで、日本を昼頃に出れば現地時間で同日の夜に着く。

空港からリスボン市内への移動について

空港からリスボン市内まで約7㎞あり、移動手段は空港バス、地下鉄、タクシーなどがあるが、旅行者が最も利用しやすいのはYellow Bus社が運行する空港バス。

空港バスはAerobusと呼ばれ、空港ターミナル1の到着ロビーの正面が乗り場になっている。
料金は€3.50で、チケットは乗車時に運転手から買うか、到着ロビーの観光案内所で買う。
バス会社公式サイトはこちら。
Yellow Bus

市内へのルートは2つあり、Linha1(City Center)はエントレカンボス、ポンバル公爵広場、ロシオ、コメルシオ広場などを経由しカイス・ド・ソドレ駅へ、Linha2(Financial Center)はエントレカンボス、セッテ・リオス、エスパーニャ広場などを経由しジョゼ・マリア通りへ行く。
Linha1のロシオ駅からシントラへの列車が出ており、シントラまで所要40分ほどで着く。

通貨と言語とビザについて

通貨はユーロ(Euro)で表記は€、補助通貨はセント(Centimo)で表記は¢。
公用語はポルトガル語だが、観光地にある旅行者向けのホテルやレストランでは英語が通じる所も多い。
シェンゲン協定加盟国であるポルトガルへの入国は、90日以内の滞在であればビザは不要。
パスポートは残存有効期間がポルトガル出国予定日から3ヶ月以上と査証欄の余白が2ページ以上必要。
シェンゲン協定に関しての詳細はこちら。
シェンゲン協定加盟国への入国

この世界遺産に関する詳細はこちら
シントラの文化的景観:観光情報まとめ

基本情報はこちら
ポルトガルの基本情報

気候に関してはこちら
ポルトガルの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら