誰でも行ける?世界遺産ロス・グラシアレス国立公園への行き方!

ロス・グラシアレス国立公園とは?


アルゼンチン南部のパタゴニア地方にあるロス・グラシアレス国立公園は、南極、グリーンランドに次いで世界で3番目の面積を誇る氷河地帯で、グラシアレス(Glaciares)はスペイン語で氷河を意味する。
積もった雪に圧力がかかり、それが凍結してできた氷河は気泡が少なく、青い光だけを反射して他の色の光は吸収してしまうため、氷河は透明度が高く、自然の神秘を物語るように青い輝きを放っている。

ロス・グラシアレス国立公園には300を超える氷河が存在し、巨大なものだけでも47の氷河がある。
山と湖、そして貴重な氷河からなる大自然の美しい景観を保護するため、総面積4459㎢に及ぶ氷河地帯とその一帯が1937年に国立公園に指定され、1981年に世界遺産に登録された。

どこに向かえばいいの?


ロス・グラシアレス国立公園観光の拠点となるのは、エル・カラファテとエル・チャルテンという町。

エル・カラファテはどんな町?

エル・カラファテは公園の南側のアルヘンティーノ湖に面した町で、ペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、スペガッツィーニ氷河へのツアーの多くはこの町からでている。

各地からの長距離バスが発着するバスターミナルは、町中のフリオ・ロカ通りに面した小高い丘の上に建っていて、バス会社と旅行会社の窓口、観光案内所がある。
フリオ・ロカ通りに面して建物の出入り口があり、反対側がバス乗り場になっている。
フリオ・ロカ通りを背にして、バス乗り場側にある階段を下っていけば、メインストリートのリベルタドール大通りにでる。

エル・チャルテンはどんな町?

エル・チャルテンはロス・グラシアレス国立公園の北側に位置する小さな町で、デシエルト湖やビエドマ氷河へのツアーが多くでており、フィッツ・ロイ山周辺へのトレッキングの拠点ともなる町である。

各地からの長距離バスが発着するバスターミナルは町の南側にあり、すぐ隣に観光案内所がある。
バスで来た道を戻るようにして、バスターミナルの南にある橋を渡って500mほど進むと右手にロス・グラシアレス国立公園管理局があり、ホテルやレストラン、旅行会社はバスターミナルの北側にある。

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からアルゼンチンへの直行便はなく、アメリカのダラス、ヒューストン、アトランタ、ニューヨークなどを経由してブエノス・アイレス郊外のエセイサ国際空港に向かうのが一般的で、大抵のフライトは日本を夕方に出発し、翌日の早朝にアルゼンチンに到着する。
経由地や航空会社によるが、所要時間は乗り継ぎ込みで26~32時間ほど。

その他では、ヨーロッパや中近東の主要都市、シンガポール経由のフライトもある。
また、アメリカ経由でアルゼンチンへ向かうには、事前にESTAの取得が必要。
ESTAに関しての詳細はこちら。
アメリカへの入国とESTA取得方法

空港からブエノス・アイレス市内への移動について


ブエノス・アイレスには国際線が発着するエセイサ国際空港と、国内線が発着するホルヘ・ニューベリー空港のふたつがある。
エセイサ国際空港はブエノス・アイレス市内の南約35㎞にあり、市内や市内近郊にあるホルヘ・ニューベリー空港へは、空港タクシー、レミース、空港バス、コレクティーボのどれかで向かう。
空港から市内へはコレクティーボは所要約2時間、その他は所要40~60分前後。

空港タクシー

空港到着ロビーにある受付カウンターで行き先を告げ、事前に料金を支払うシステムになっていて、市内やホルヘ・ニューベリー空港まで$450前後。
支払いを済ませレシートを受け取り、待機しているタクシーまで係員が誘導してくれる。

市内や空港の外で待機している普通のタクシーは日本のようにメーター制で、こちらを利用して市内まで行くことも出来るが、高くつく場合もあるので空港タクシーがオススメ。
空港タクシーは白い車体で、普通のタクシーは黒い車体で屋根が黄色。
空港タクシー会社公式サイトはこちら。
Taxi Ezeiza

レミース

日本のハイヤーのようなもので、料金はタクシーより高いが車両が大きく快適で、前払い制なのでぼったくられることもない。
市内やホルヘ・ニューベリー空港まで$540前後で、空港の各社カウンターで行き先を告げて料金を支払う。
レミースは空港以外でも利用でき、レストランやホテルなどでも呼んでもらえる。

空港バス

Tienda Leon社が市内バスターミナル行きを運行しており、利用申し込みは空港Aターミナル到着ゲートにある窓口で行う。
市内までは$140、ホルヘ・ニューベリー空港までは$150。
市内バスターミナルの場所は、レティーロ駅(Estacion Retiro)南側の、大きな英国塔が建つアルゼンチン空軍広場のすぐそば。
バス会社公式サイトはこちら。
Tienda Leon

コレクティーボ(市バス)

空港Aターミナルを出て100mほど直進し、突き当りを左折した所に乗り場がある。
バスの正面に大きく数字で路線番号が書かれていて、市内行きはNo.8のバス。
乗車の際に運転手に行き先を告げ、運転席横の券売機にお金を入れて切符を取る。
料金は$10で、紙幣は使えないので硬貨を用意しておく必要がある。
降りる際は日本のバスのようにボタンを押して知らせる。

ブエノス・アイレス市内からエル・カラファテへの移動について


長距離バスの場合

長距離バスターミナルは3階建てで、レティーロ駅(Estacion Retiro)北側にある。
2階の案内所で目的地への便を運行しているバス会社とカウンター番号を聞き、3階の各バス会社のカウンターでチケットを購入する。

エル・カラファテへはリオ・ガジェゴスで乗り換えが必要で、ブエノス・アイレスからリオ・ガジェゴスは所要約35時間で料金は$2000前後、リオ・ガジェゴスからエル・カラファテは所要約4時間で料金は$300前後。
エル・チャルテンへは、エル・カラファテから所要3時間で料金は$250前後。

国内線のフライトの場合

ホルヘ・ニューベリー空港からアルゼンチン各地へフライトがあり、エル・カラファテへは所要3時間ほど。
エル・カラファテ国際空港から市内中心部へは約10㎞あり、タクシーかVes Patagonia社が運行するシャトルバスを利用する。
公式サイトはこちら。
Ves Patagonia

通貨と言語とビザについて

通貨はアルゼンンチン・ペソ(Argentina Peso)で記号は$、補助通貨はセンターボ(Centavo)で記号は¢。
公用語はスペイン語だが、観光地にある旅行者向けのホテルやレストランでは英語が通じる所もある。
また、日本人の観光目的でのアルゼンチンへの入国は、3ヶ月以内であればビザは不要。

この世界遺産に関する詳細はこちら
ロス・グラシアレス国立公園:観光情報まとめ

関連記事はこちら
陸路で入国できる南部パタゴニアの国境とルート

基本情報はこちら
アルゼンチンの基本情報

気候に関してはこちら
アルゼンチンの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら