誰でも行ける?世界遺産キト市街への行き方!

キト市街とは?


エクアドルの首都キトは、4000~6000m級の中央アンデスの山々に囲まれた標高2850mの町で、かつてはペルーのクスコに次ぐインカ帝国第二の都市として栄えた。
しかし、16世紀にスペインの侵略を受けて植民地になると、キトの町はスペイン風に造り変えられていくが、1830年にエクアドルの首都として独立を果たすと、コロニアルな街並みを残しながら発展していく。

そんなキトの街の現在は、セントロ・イストリコ(旧市街・中央地区)、ノルテ(新市街・北地区)、スール(南地区)の3つの地区に大きく分けられる。
その中でもキトの1番の見どころであり、約400年前の植民地時代の街並みや歴史的建造物が多く残っている旧市街は“キト市街”として1978年に世界遺産に登録された。

キトのどこに向かえばいいの?


セントロ・イストリコ(旧市街・中央地区)

旧市街の中心部にあり、観光の拠点となるのが独立広場。
広場の中央には1830年8月の独立を記念した碑があり、広場を囲むように大統領府、市庁舎、カテドラルなどが建ち並び、ホテルやレストラン、観光案内所も広場の周辺に集中している。

ノルテ(新市街・北地区)

ノルテの中心は旧市街の北東に位置するマリスカル地区。
旧市街のような見どころは少ないが、ホテルやレストラン、みやげ屋などが多くある。
ホテルも高級な所からドミトリータイプの安宿まであるので、夜遅くまで賑わっているこの地区に宿をとって、ここから旧市街を観光する旅行者も多い。

キト市内の移動手段は?


キト市内を走るバスは、普通の道路を走るバスと、一部に専用レーンを設けられたバスがある。
専用レーンを走るバスはトローレブス(Trolebus)、エコビア(Ecovia)、メトロ・ブス(Metro Bus)の3路線。

専用レーンを走るバスは路線沿いに駅があり、駅の入り口にある料金投入口にお金を入れ、バスが来たら自動ドアが開くのでそのまま乗り込む。
どの駅も窓口に係員がいるので、小銭がない時は両替してもらえる。

基本的には同じルート上の往復なので、もし目的地で降り忘れたり現在地がわからなくなった場合は、そのままバスに乗っていれば戻ってこれる。

各地区への最寄り駅は、旧市街ならサント・ドミンゴ駅(Estacion Santo Domingo)とプラサ・デル・テアトロ駅(Estacion Plaza del Teatro)、新市街ならコロン駅(Estacion Colon)。
料金は一律US$0.25で、旧市街~新市街は片道所要25分ほど。

  • トローレブス
    トローレブスは新市街の北からキトの中央を走る“8月10日通り”を抜けて、市の南の外れにあるキトゥンベ駅(Estacion Quitumbe)を結んでいる。
    この駅には、各地からの長距離バスが発車するキトゥンベ・バスターミナルもある。
  • エコビア
    エコビアはノルテの北にあるリオ・コカ駅(Rio Coca)からキトの東側を走る“12月6日通り”を抜けて、トローレブスと同じくキトゥンベ駅を結んでいる。
  • メトロ・ブス
    メトロ・ブスは市の北にあるオフェリア駅(Estacion Ofelia)から旧空港前を通り、キトの西側を走るアメリカ通り(Av.America)を抜けて、旧市街の東にあるマリン・チロス駅(Estacion Marin Chillos)を結んでいる。

この他にも、旅行会社が市内や周辺の見どころを巡る観光バスを運行している。
現地の各公式サイトはこちら。
trolebus(トロリーバス)
quitotourbus(キト市内観光バス)
メトロポリタンツーリング

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からエクアドルへの直行便は無いため、アメリカの都市を経由してキトのマリスカル・スークレ国際空港に向かうのが一般的で、所要時間は20~25時間ほど。
他にもカナダやメキシコ、ヨーロッパの各国を経由する便もあるが、ヨーロッパ経由の場合は所要時間は30時間以上かかる。
また、アメリカを経由する場合は事前にESTAを取得する必要がある。
ESTAに関しての詳細はこちら。
アメリカへの入国とESTA取得方法

空港からキト市内への移動について

空港からキト市内へは約35㎞あり、タクシーか市内バスを利用するのが一般的。
市内までの所要時間は道が空いてる早朝や深夜は約1時間、渋滞する日中は2時間近くかかる。

タクシーで向かう

空港の外にタクシーが待機しており、料金はエリアごとにあらかじめ決められている。
ノルテまではUS$22~28、セントロ・イストリコまではUS$26。

バスで向かう(旧空港経由)

市内から5㎞ほどの距離にある“旧空港跡地”が現在はバスターミナルとして利用されており、空港からここまで市内バスが運行されている。
さらに旧空港から市内へはタクシーやメトロ・ブスが出ている。

通貨と言語とビザについて

エクアドルの通貨はUSドルが使用されていて、紙幣も硬貨もそのまま使える。
公用語はスペイン語だが、観光地では英語が通じる所もある。
また、エクアドルへの入国は、1年間で90日までの滞在であればビザ不要で、パスポートの残存有効期間は入国日から6ヶ月以上必要。
入国審査時に希望の滞在日数を伝えると、それに合った日数の滞在が許可される。
滞在中にトラブルなどが合った時に備え、滞在日数は多めに伝えた方が良い。

この世界遺産に関する詳細はこちら
キト市街:観光情報まとめ

基本情報はこちら
エクアドルの基本情報

気候に関してはこちら
エクアドルの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら