誰でも行ける?世界遺産アレキパ歴史地区への行き方!

アレキパ歴史地区とは?


ペルー南部に位置し、首都リマに次ぐ第二の都市アレキパは、町の建物が近郊で採れる白い火山岩で造られていることから、“白い町”という意味を持つ別名“シウダー・ブランカ(Ciudad Blanca)”と呼ばれる。

インカ帝国第4代皇帝マイタ・カパックの時代に町は造られ、完成した町を見た皇帝が人々にケチュア語でアリ・キパイ(Ari Quepay:ここに住みなさい)と言ったことが、アレキパの名前の起源だとされている。

1540年に入るとスペインによって町は征服され、カトリックの教会や修道院、カテドラルなどが建てられたアレキパは、インカ時代の歴史とスペインの建築が融合した見事な町へと発展していった。
今も歴史的建造物が多く残され、町の中心部は“アレキパ歴史地区”として2000年に世界遺産に登録された。

アレキパの中心はどこ?


アレキパの中心であり、観光の拠点となるアルマス広場は、1540年にスペインによって造られたもので、広場を囲むようにコロニアルな建物が並び、いつも地元民や旅行者で賑わいを見せている。

ホテルやレストラン、旅行会社や観光案内所、教会や博物館もこの辺りに集中しており、歩いて回れるほどの距離に多くの見どころが点在している。

アレキパの近郊を観光するには?


アルマス広場からはツアーズ・クラス・アレキパ(Tours Class Arequipa)というガイド付きの観光バスツアーが出ており、アレキパ市内からサバンディーアやサチャカなどの近郊の町と見どころを巡る。
美しい景観の道を行き、チャチャニ山(標高6075m)やミスティ山(標高5822m)も望める。

コースはいくつかあり、所要時間は2時間30分~4時間30分で、料金はS/.35~45。
申し込みは現地の旅行会社かアルマス広場のツアーバス会社のオフィスでできる。
現地の旅行会社公式サイトはこちら。
Tours Class Arequipa

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からペルーへの直行便は無いため、アメリカの都市を経由してリマのホルヘ・チャベス国際空港に向かうのが一般的で、所要時間は22~25時間ほど。
他にもカナダやメキシコ、ヨーロッパの各国を経由する便もあるが、ヨーロッパ経由の場合は所要時間は30時間以上かかる。
また、アメリカを経由する場合は事前にESTAを取得する必要がある。
ESTAに関しての詳細はこちら。
アメリカへの入国とESTA取得方法

リマからアレキパへの移動について

リマからアレキパへの移動は長距離バスか飛行機のどちらかになる。
飛行機の場合は、ホルヘ・チャベス空港から国内線で、アレキパのロドリゲス・バジョン空港まで所要1時間30分ほどで、この路線は1日に15便近く運行している。
この空港からアレキパ市内へは4kmほどで、空港敷地内に待機しているタクシーで約15分。

長距離バスの場合は、リマからアレキパまで所要15~16時間で、各バス会社が毎日3~5便運行している。
また、これらのバスはリマ市内の各バス会社のオフィス前から発着することが多いため、空港から市内までタクシーやシャトルバスを利用して移動する必要がある。
空港からのタクシーやシャトルバスは24時間運行しており、空港内に受付カウンターがある。
バス会社公式サイトはこちら。
cruz del Sur
Oltursa
Transportes Linea
Civa
Busportal(バスチケットブッキングサイト)

空港やバスターミナルからアレキパ市内への移動について

空港からアレキパの中心部までは約7㎞あり、空港からタクシーで10~20分、料金はS/.15前後で着く。
空港から市内へはバスも出ているが、このバスに乗るには空港から300mほど歩く必要があるため、大きな荷物がある人は空港からタクシーを利用した方がいいでしょう。
各地からの長距離バスが到着するバスターミナルからアレキパの中心部までは5㎞ほどあり、ここからタクシーで約10分、料金はS/.10前後で着く。

通貨と言語とビザについて

ペルーの公用語はスペイン語だが、観光地などでは英語が通じる所も多い。
通貨はソル(Sol)と補助通貨のセンティモ(Centima)があり、略号はS/と¢。
ペルーの通貨は2015年12月15日に、それまで流通していたヌエボ・ソル(Nuevo Sol)からソルに変更されたが、旧通貨であるヌエボ・ソルも使用できる。
また、観光地などではUSドルも流通している。
ペルーへの入国は、観光目的あれば最大183日までの滞在ならビザ不要。

この世界遺産に関する詳細はこちら
アレキパ歴史地区:観光情報まとめ

基本情報はこちら
ペルーの基本情報

気候に関してはこちら
ペルーの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら