誰でも行ける?世界遺産クスコ市街への行き方!

クスコとは?


ペルーの首都リマの南東約570kmに位置し、アンデス山脈の標高約3400mという高所に築かれた都市クスコは、かつてはインカ帝国の首都として栄華を極め、クスコとはケチュア語で“へそ”を意味する。
11~12世紀頃に築かれたクスコがインカ帝国の首都として機能し始めたのは15世紀前半、第9代皇帝パチャクティの時代で、重厚な石組みの上に神殿や宮殿が造られ、インカ帝国の中心として発展した。

しかし1533年、スペインの侵略によって第13代皇帝アタワルパが捕らわれ、首都クスコが奪われると、クスコの街は一部の石組み以外は徹底的に破壊され、ついにインカ帝国は滅んでしまう。
クスコには優れた文明を築いたインカ帝国時代とスペイン征服後の建造物が多く残されており、2つの文化が混在した独特の町並みは“クスコ市街”として1983年に世界遺産に登録された。

クスコの遺跡を効率的に観光するのは?


クスコ周遊入場券(Boleto Turistico del Cusco)について

クスコ観光に便利なこのチケットは、クスコ市内と近郊の全16ヶ所の遺跡全てに入場できる共通チケットと、これらの遺跡を3つのエリアに分けて、1つのエリアの遺跡のみ入場できるチケットの計4種類のチケットが販売されている。

すべての遺跡に入場できる共通チケットを購入するのが一般的だが、時間の都合などで特定のエリアのみを観光する場合は、その目的にあったチケットを購入した方がお得である。
チケットはアルマス広場の観光案内所、広場からエル・ソル通りに出てすぐの所にあるチケットオフィス(Cosituc)、最初に入場する遺跡や施設で購入できる。
公式サイトはこちら。
Cosituc

チケットの種類と値段は下記の通り。

  • 周遊券(BTCI) 料金はS/.130(学生はS/.70) 10日間有効
    クスコ市内と郊外の全ての遺跡に入場できる。
  • 周遊券1(BTCI1) 料金はS/.70 当日のみ有効
    クスコの北にあるサクサイワマン、ケンコー、プカ・プカラ、タンボ・マチャイに入場できる。
  • 周遊券2(BTCI2) 料金はS/.70 2日間有効
    クスコ市内のコリカンチャ博物館と、クスコ郊外南側のティポン、ピキリャクタ遺跡に入場できる。
    (南の谷巡りといわれるルート)
  • 周遊券3(BTCI3) 料金はS/.70 2日間有効
    クスコ郊外北側のピサック、オリャンタイタンボ、チンチェーロ、モライに入場できる。
    (インカの聖なる谷巡りといわれるルート)

南の谷巡りとインカの聖なる谷巡りのルートは交通の便が良くなく、それぞれの遺跡がクスコから100㎞圏内という広範囲に点在していることから、ツアーで回るのが一般的である。
日本語が通じる現地の旅行会社はこちら。
Trans Andes
Mickey Tour Cusco
America Tours

宗教施設周遊券(Crcuito Religioso Arzobispal)について

クスコ市内のカテドラル、サン・ブラス教会、サン・クリストバル教会、宗教美術博物館の4ヶ所に入場できる共通チケットで、料金はS/.30(学生はS/.15)でカテドラルか宗教美術博物館で購入できる。
公式サイトはこちら。
Crcuito Religioso Arzobispal

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からペルーへの直行便は無いため、アメリカの都市を経由してリマのホルヘ・チャベス国際空港に向かうのが一般的で、所要時間は22~25時間ほど。
他にもカナダやメキシコ、ヨーロッパの各国を経由する便もあるが、ヨーロッパ経由の場合は所要時間は30時間以上かかる。
また、アメリカを経由する場合は事前にESTAを取得する必要がある。
ESTAに関しての詳細はこちら。
アメリカへの入国とESTA取得方法

リマからクスコへの移動について

リマからクスコへの移動は長距離バスか飛行機のどちらかになる。
飛行機の場合は、ホルヘ・チャベス空港から国内線で、クスコのアレハンドロ・ベラスコ・アステテ空港まで所要1時間30分ほどで、この路線は1日に20便近く運行している。

長距離バスの場合は、リマからクスコまで所要21~22時間で、各バス会社が毎日1~3便運行している。
また、これらのバスはリマ市内の各バス会社のオフィス前から発着することが多いため、空港から市内までタクシーやシャトルバスを利用して移動する必要がある。

空港からのタクシーやシャトルバスは24時間運行しており、空港内に受付カウンターがある。
バス会社公式サイトはこちら。
cruz del Sur
Oltursa
Transportes Linea
Civa
Busportal(バスチケットブッキングサイト)

空港やバスターミナルからクスコ市内へ移動について

空港からクスコの中心部までは約4㎞あり、タクシーで10~20分ほど。
料金は、空港内で待機している高級なタクシーだとS/.35、ターミナルを出た所で待機しているタクシーだとS/.15、敷地の外の流しのタクシーだとS/.6~10程度。
バスターミナルからクスコの中心部まではタクシーで5分ほどで、料金はS/.4~6ほど。

通貨と言語とビザについて

ペルーの公用語はスペイン語だが、観光地などでは英語が通じる所も多い。
通貨はソル(Sol)と補助通貨のセンティモ(Centima)があり、略号はS/と¢。
ペルーの通貨は2015年12月15日に、それまで流通していたヌエボ・ソル(Nuevo Sol)からソルに変更されたが、旧通貨であるヌエボ・ソルも使用できる。
また、観光地などではUSドルも流通している。
ペルーへの入国は、観光目的あれば最大183日までの滞在ならビザ不要。

この世界遺産に関する詳細はこちら
クスコ市街:観光情報まとめ

基本情報はこちら
ペルーの基本情報

気候に関してはこちら
ペルーの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら