誰でも行ける?世界遺産ペーチへの行き方!

ペーチとは?


ハンガリー南部に位置する都市ペーチの歴史は2世紀、古代ローマ帝国の都市として建造されたのが始まりで、当時ソピアネ(Sopianae)と呼ばれたこの地は交易の重要な拠点として栄えた。
4世紀に入ると礼拝堂や霊廟などが造られ、その後はキリスト教信仰の中心地として繁栄していく。

14世紀にはハンガリー初の大学が創立され、学問や商業の都市としてさらに発展していった。
しかし、その後は1543年から約150年にわたってオスマン帝国に占領されてしまい、現在もペーチにはこの時代のイスラム文化の面影が色濃く残っている。

永らく日の目を見ることの無かった4世紀のキリスト教の遺跡が、ペーチで発見されたのは18世紀に入ってからのことで、現在までに18ヶ所の遺跡が発見されている。
発見された遺跡の中で、4世紀に建造されたとされる16ヵ所の遺跡が、“ペーチにある初期キリスト教墓地遺跡”として2000年に世界遺産に登録された。

ペーチはどんな町?


ハンガリー第5の都市として栄えるペーチの見どころは、いくつかのエリアに分けることができる。
鉄道でペーチにやってくると町の南にある駅に着くが、ここから町の中心のセーチェニ広場(Szechenyi-ter)までは、駅の正面から延びる自由通り(Szabadsagu)を進んで徒歩10~20分ほど。

この広場を中心にして、南側にバスターミナル、市場、ショッピングセンター、シナゴーグが、北側には博物館、美術館、絵画館などが、そして西側には大聖堂や礼拝堂跡などの遺跡がある。
また、セーチェニ広場のそばには観光案内所があるので、町についたらまず立ち寄りたい。

日本からのアクセスと行き方


現在、日本からハンガリーへの直行便はなく、最低1度は近隣諸国で乗り換えが必要になる。
一般的な経由地はパリ、フランクフルト、ヘルシンキ、アムステルダム、ウィーンなどで、これらの都市からブダペストのリスト・フェレンツ国際空港まで所要90分ほど。
日本から上記の都市までは所要12~13時間ほど。

空港からブダペスト市内への移動について

空港からブダペスト市内までは約24km離れており、エアポート・シャトルバスやエアポート・タクシーを利用するか、もしくは市バスで駅まで向かい、地下鉄を利用して市内に向かう。

ブダペストからペーチへは、東駅(Keleti-palyaudvar)から2時間に1本でている鉄道か、ネープリゲト長距離バスターミナル(Népliget autóbusz állomás)から1~2時間に1本でている長距離バスで向かう。

このバスターミナルはネープリゲト駅(Népliget)に隣接している。
ペーチまでの所要時間はどちらも3~4時間ほどだが、料金はバスの方が少し安い。

  • エアポート・シャトルバスで市内へ向かう
    到着ロビーのエアポート・シャトルバス受付カウンターでチケットを購入して利用する。
    空港から市内までが3つのエリアに分けられており、下車するエリアによって料金が異なる。
    ある程度乗客が集まってから出発するので待たされることもり、出発すると空港から目的地が近い順に乗客を降ろしていくシステムになっている。
    公式サイトはこちら。
    エアポート・シャトルバス
  • エアポート・タクシーで市内へ向かう
    フォータクシー社(Fotaxi)が空港公認のエアポート・タクシーとして運行している。
    料金はメーター制で、市内中心部までの料金は6000~7000Ftほどが目安。
    公式サイトはこちら。
    Fotaxi
  • 市バスと地下鉄で市内へ向かう
    空港ターミナル2A前から市バス200E番で終点のクーバーニャ・キシュペスト駅(Kobanya-Kispest)まで行き、ここから地下鉄M3でデアーク・フェレンツ広場駅(Deák-Ferenc-tér)へと向かい、ここで地下鉄M2に乗り換え東駅へと向かう。
    もしくは地下鉄M3でネープリゲト駅まで行き、ここからバスターミナルに向かう。
通貨と言語とビザについて

ハンガリーの通貨はフォリント(Forint)で、紙幣と硬貨が流通している。
公用語はハンガリー語だが、観光地などでは英語が通じる所も多く、ドイツ語も比較的よく通じる。
シェンゲン協定加盟国であるハンガリーへの入国は、90日以内の滞在であればビザは不要。
パスポートの残存有効期間は、ハンガリー出国予定日から3ヶ月以上必要。
シェンゲン協定に関しての詳細はこちら。
シェンゲン協定加盟国への入国

この世界遺産に関する詳細はこちら
ペーチにある初期キリスト教墓地遺跡:観光情報まとめ

気候に関してはこちら
ハンガリーの気候とベストシーズンと年間行事

基本情報はこちら
ハンガリーの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら