誰でも行ける?世界遺産キャンディへの行き方!

キャンディとは?


スリランカ中央部には、カルチュラル・トライアングル(文化三角地帯)とよばれる地域がある。
カルチュラル・トライアングルとは、アヌラーダプラ、ポロンナルワ、キャンディという三都市を線で結んだ三角形の内側の地域のことで、そんな文化三角地帯の南の一角を成す町が、シンハラ王朝最後の都として繁栄したキャンディである。

紀元前、アヌラーダプラに最初の都をおいたシンハラ王朝は、南インドからの侵略に追われ、遷都を繰り返しながら徐々に南下し、15世紀にキャンディに都を移した。
キャンディは周囲を山々に囲まれた盆地であるが、その自然の要塞が外部からの侵略を防ぐ役割を果たすと、争いはなくなり一旦は落ち着きを得たが、長くは続かず再び外部の敵との争いを余儀なくされる。

植民地支配を始めたポルトガルに対し、シンハラ王朝はオランダと手を組み追放するが、その後はオランダと対立し、今度はイギリスと手を組みオランダを追放するが、後にこのイギリスとも対立する。
そして時は1815年、300年以上続いた都キャンディがイギリスにより滅ぼされると、2000年以上続いたシンハラ王朝の歴史に終止符が打たれた。

しかし、仏教の信仰は現在も受け継がれ、その中心地であり“スリランカで最もスリランカらしい町”
といわれるキャンディは、その町全体が“聖地キャンディ”として1988年に世界遺産に登録された。

キャンディはどんな町?


キャンディは小さな町で、中心部だけなら1日あれば十分に見て回れるほどの広さ。
キャンディ駅から北に真っ直ぐに延びる道がステーション・ロードと呼ばれる道で、この道を500mほど進むと時計塔がある所で、キャンディのメインストリートであるダラダ・ウィディーヤと交わる。

キャンディのバスターミナルは行き先によっていくつかに分かれているが、メイン・バスターミナル以外はキャンディ・マーケットの周辺に集まっている。
ステーション・ロードを進むと、右側に2階建ての白い建物が見えてくるが、これがキャンディ・マーケットで、このマーケットの手前、東側、北側にそれぞれバスターミナルがある。

  • キャンディ・マーケット東側のバスターミナル
    ここからはペーラーデニヤなど比較的近い町へのバスが発着している。
  • キャンディ・マーケット北側のバスターミナル
    ここからはマータレーなど近郊の町へのバスが発着している。
  • キャンディ・マーケット手前のバスターミナル
    ここからはコロンボ行きのインターシティのバスが発着している。
    インターシティとは主要な都市にしか停車しないバスで、エアコンも付いていて快適だが、料金はその他のバスの約2倍する。
  • メイン・バスターミナル
    キャンディ駅の西側に位置し、ここからはダンブッラ、アヌラーダプラ、キャーガッラ、バドゥッラ、ヌワラ・エリア、バンダラナイケ国際空港などへのバスが発着している。
    また、コロンボ行きもインターシティ以外のバスはここから発着している。

日本からのアクセスと行き方


スリランカ航空の直行便が成田空港から出ており、バンダラナイケ国際空港(CMB)まで所要約9時間。
この他にも各社からバンコク、ソウル、シンガポール、クアラルンプール、香港などを経由してスリランカへと向かう便が出ている。

バンダラナイケ国際空港からコロンボ市内へは約32㎞あり、移動はタクシーかバスを利用する。
ほとんどのホテルでは頼めば空港まで迎えに来てくれるので、予約した際に確認しておくといいでしょう。
このコロンボ市内から各地への鉄道やバスが出ている。

バンダラナイケ国際空港からコロンボ市内への移動手段


タクシー

到着ロビーにタクシーカウンターがあり、ここで料金を支払うとスタッフがタクシーまで案内してくれる。
料金は行き先によって予め決められている。
コロンボ市内までは所要40~50分で、料金はRs.2300~3000。
タクシーはエアコン付きとエアコンなしがあり、エアコン付きの方が若干料金が高い。

バス

高速道路を走るエアポートバスと、一般道路を走るローカルバスがある。
エアポートバスはコロンボまで所要約40~50分で、料金はRs.130ほど。
ローカルバスはコロンボまで所要約90~120分で、料金はRs.50~100ほど。
バス乗り場は空港を出て左に進んだ所にある。
空港公式サイトはこちら。
バンダラナイケ国際空港
空港到着ロビーマップ
空港出発ロビーマップ

コロンボ市内からキャンディへの移動手段


バス

スリランカのバスは国営バスと民営バスの2種類があるが、路線も料金もあまり変わらない。
乗り場はペター地区(Pettah・Colombo11)のセントラル・バスターミナルとその周辺。
国営バスはSLTBバスやCTBバスと呼ばれ、真っ赤な車体が目印。
また、国営バスのほとんどはエアコンが付いていない。

民営バスにはさらにノーマルバスとインターシティバスの2種類がある。
ノーマルバスは国営バスとあまり違いはないが、ルート上であれば停留所がない所でも降りることができるという利点がある。
しかし、その分停車回数が多くなるので、予定より時間がかかってしまうことがある。

インターシティバスは主要な都市にしか停車しないバスで、エアコンも付いている。
全席埋まったら出発となるので、混み合うこともあまりなく、停車回数も少ないので移動時間も短く便利だが、料金は国営バスやノーマルバスの約2倍となる。
キャンディまでは所要3~4時間で、ノーマルバスの料金はRs.140ほど。

鉄道

コロンボ市内の中心部にあるコロンボ・フォート駅を起点に、各地へ路線が延びている。
各駅停車の普通列車と、主要都市の駅のみ停車するインターシティ(特急)がある。
各列車の車両は1等〜3等に分かれており、各等級によって車両の座席や料金が異なる。

小さい町の駅は切符売り場の窓口が1つしか無いが、コロンボ・フォート駅の切符売り場は、行き先と車両の等級ごとに窓口が分かれている。
また、インターシティと一部普通列車の1等は45日前から予約できる。

コロンボ・フォート駅からキャンディまで所要2時間30分~3時間30分で、料金はRs.100~800ほど。
料金は普通列車の3等が最も安く、インターシティの1等が最も高い。
スリランカ政府の鉄道公式サイトはこちら。
Sri Lanka Railway

ラグジュアリー列車

普通の鉄道は全て政府によって運営されているが、ラグジュアリー列車はスリランカの旅行会社によって運営されている列車で、政府が運営する鉄道のインターシティに、自社で改装した車両を1両つなげて運行している。

運営しているのはエキスポ・レイル社とラジャダニ・エクスプレス社の2社。
広々としたリクライニングシート、冷暖房完備、清潔なトイレ、Wi-Fi、時間帯によっては食事や軽食など、飛行機内のようなサービスが受けられる。

コロンボ・フォート駅からキャンディまでの料金はエキスポ・レイル社はRs.1450、ラジャダニ・エクスプレス社はRs.1100。
各公式サイトはこちら。
エキスポ・レイル Exeo Rail
ラジャダニ・エクスプレス Rajadhani Express

コロンボから国内線を利用する


シナモン・エアー社が、コロンボのバンダラナイケ国際空港から各地への国内線を運航しており、キャンディ行きの便も出ている。
料金はキャンディまでUS$170、時間は所要30~60分ほど。
この他にもヘリツアーズ社やフィッツ・エアー社が、ヘリやチャーター機などで国内線を運航している。
各公式サイトはこちら。
シナモン・エアー Cinnamon Air
ヘリツアーズ Helitours
フィッツ・エアー Fits Air

通貨と言語とビザについて


スリランカの通貨はスリランカ・ルピー(Rs)と補助通貨のスリランカ・セント(Cts)で、公用語はシンハラ語とタミル語だが、英語を理解する人が多く、観光地ではかなり英語が通じる。
また、スリランカへの入国にはETA(ビザ)が必要。
ビザ(ETA)に関しての詳細はこちら。
スリランカへの入国とETA(ビザ)取得と滞在期間延長方法

この世界遺産に関する詳細はこちら
聖地キャンディ:観光情報まとめ

気候に関してはこちら
スリランカの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
スリランカの基本情報

スリランカのその他の世界遺産に関する情報はこちら
古代都市ポロンナルワ
古代都市シギリヤとダンブッラの黄金寺院

合わせて読みたい記事はこちら