誰でも行ける?世界遺産グレーター・ブルーマウンテンズへの行き方!

グレーター・ブルーマウンテンズとは?


シドニーの約70km南、クイーンズランド州からビクトリア州まで約4000㎞に渡って連なるグレートディバイディング山脈は、オーストラリアで最も重要な山脈であり、世界で4番目に長い山脈でもある。
この山脈の一部にブルーマウンテンズ国立公園はあり、周辺の7つの国立公園と自然保護区を含む地域一帯が“グレーター・ブルーマウンテンズ地域”として2000年に世界遺産に登録された。

これらの地域一帯は、迫力ある壮大な渓谷や滝、神秘的な洞窟など変化に富んだ自然景観をしている。
そして緑豊かな自然に囲まれ、1億年以上前の植物といわれるウォレマイ・パインや130種以上の固有種、全世界の13%にあたる約90種のユーカリなど多種多様な植物が群生し、数多くの野生動物も生息している。
山々を覆うユーカリが含む油分が揮発し、日光に反射して辺りが青く霞んで見えることからブルーマウンテンズと名付けられた。

どこに向かえばいいの?


観光の拠点となるカトゥーンバ(Katoomba)はシドニーの約100㎞西にある町で、古き良き英国植民地時代の面影を残す町として知られる。
町の中心にあるカトゥーンバ駅から南に延びるカトゥーンバ・ストリートは、カフェや各種ショップが軒を連ねる繁華街で、レストランやホテルなどもこの辺りに多い。

カトゥーンバ駅前からは、町の周辺にあるブルーマウンテンズの見どころ29ヶ所を巡る2つの観光バス、ブルーマウンテンズ・エクスプローラーバスとブルーマウンテンズ・トロリーツアーが出ている。

ブルーマウンテンズの主要な見どころはカトゥーンバの南側にあるが、これらのバスを利用すればツアーに参加しなくても、エコーポイント、スリーシスターズ、シーニックワールドなどほとんどの見どころを巡ることができる。
各公式サイトはこちら。
ブルーマウンテンズ・エクスプローラーバス
ブルーマウンテンズ・トロリーツアー

日本からのアクセスと行き方


日本からは、シドニー国際空港(キングスフォードスミス空港)へカンタス航空と日本航空から直行便がでており、所要9時間ほど。
空港からシドニー市内までは約10㎞あり、タクシー、エアポート・シャトルバス、電車などで向かう。

  • タクシー
    市内中心部まで$30~50で所要15~25分ほど。
  • エアポート・シャトルバス
    キングスフォードスミス・エアポートバス&シドニーエアポーター社とエアバス・シドニー社が、空港から市内の指定した場所まで運行している。
    空港到着ロビー出口前から人数が集まり次第出発する。
    目的地に乗客を降ろしながら向かうので、タクシーより時間がかかる場合が多い。
    料金はキングスフォードスミス・エアポートバス&シドニーエアポーター社が$15、エアバス・シドニー社が$16。
    各公式サイトはこちら。
    キングスフォードスミス・エアポートバス&シドニーエアポーター
    エアバス・シドニー
  • 電車
    市内を走るシドニートレインが運行する電車の路線T2 Airportが空港ターミナルと市内を結んでいる。
    空港にあるインターナショナル・エアポート駅から、市内中心部のシドニー・セントラル駅まで所要10分ほど。
    公式サイトはこちら。
    エアポート・リンク

シドニー・セントラル駅でブルーマウンテンズ・ラインという路線に乗り換え、カトゥーンバ駅まで所要2時間ほどで着く。
また、シドニー発のブルーマウンテンズ観光ツアーも各種でている。

通貨と言語とビザについて

オーストラリアの公用語は英語で、通貨はオーストラリアドル(A$)とオーストラリアセント(A¢)。
また、オーストラリアへの入国にはビザを取得するかETA登録が必要。
ETAに関しての詳細はこちら。
オーストラリアへの入国とETA登録方法

この世界遺産に関する詳細はこちら
グレーター・ブルーマウンテンズ地域:観光情報まとめ

気候に関してはこちら
オーストラリアの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
オーストラリアの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら