誰でも行ける?世界遺産タスマニア島への行き方!

タスマニア島とは?


オーストラリア大陸の南に浮かぶタスマニア島は、はるか昔にオーストラリア大陸から分離し、独自の進化を遂げた島固有の野生動物と太古の自然が残されている。
島の総面積の約36%が国立公園や自然保護区に指定されており、全部で17ある国立公園のうち4つを含む島の南西部の地域一帯が“タスマニア原生地域”として1982年に世界遺産に登録された。

タスマニア島は18~19世紀にかけて、罪を犯した英国からの囚人が送られる“流刑の島”だった歴史があり、世界遺産に登録されている“オーストラリア囚人遺跡群”の一部がこのタスマニア島に残っている。
また、入植者との争いにより島の先住民タスマニアンアボリジニの純血が絶滅し、狩りよってタスマニアンタイガーが絶滅に追い込まれるなど、悲しい歴史がある島でもある。
実際にこの地を訪れることで、野生動物や豊かな自然だけでなく、負の歴史を知ることができる。

どこに向かえばいいの?


観光の拠点となるのはタスマニア最大の町であるホバートで、歴史的建造物の保護を目的とする団体である“ナショナルトラスト”認定の建造物が90以上も残されており、オーストラリアで最も歴史の面影を強く残す町といわれている。

ホバート市内の中心はエリザベス・ストリートとデイビー・ストリートが交わる辺りで、この角にタスマニアン・トラベル&インフォメーションセンターがある。
このインフォメーションセンターでホテルや各種ツアーの情報、そしてタスマニアの国立公園入園パスの販売を行っている。

入園パスは各国立公園の入口にあるビジターセンターでも購入できるが、予定が決まっているならここで事前に購入しておくのがいいでしょう。
国立公園に関してのその他詳細はこちら。
パークス&ワイルドライフ・サービス・タスマニア

入園チケットの種類と料金は?


  • 1日パス(クレイドル山を除く全ての国立公園)
    1人$12、車の場合は1台$24(乗車人数は8人まで)
  • クレイドル山限定1日パス(クレイドル山のシャトルバス利用料込み)
    大人(18歳以上)1人$16.50、子供(5~17歳・5歳未満は無料)1人$8.25、家族(大人2名・子供3名)の場合は全員で$41.25
  • ホリデーパス(8週間有効・クレイドル山を含む全ての国立公園)
    1人$30、車の場合は1台$60(乗車人数は8人まで)

日本語が通じる場所はある?


ホバートには日本人旅行者向けの日本語インフォメーションデスクが2ヶ所ある。
ひとつはオールドウールストア・アパートメントホテル内のインプレッシブ・タスマニア日本語ヘルプデスク、もうひとつはブルックリン・ストリートワーフにあるAJPRインフォデスク。

窓口ではホテルやツアーの手配などをしてくれて、到着前に公式サイトから問い合わせしておけば、旅行の日程や希望に合ったツアーを組んでもらえる。
各公式サイトはこちら。
オールドウールストア・アパートメントホテル
AJPR

ホバート市内を観光するには?


歩いて町を散策するのもいいが、多数の見どころが点在するホバート市内を効率良く回るには、レッドデッカー社(Red Decker)が運行するシティループ(City Loop)という観光バスが便利で、全20ヶ所のバス停からなる市内の主要な観光スポットを回っている。

真っ赤な車体が目印のレッドデッカー社のバスは、タスマニアン・トラベル&インフォメーションセンター前から発着している。
公式サイトはこちら。
レッドデッカー

日本からのアクセスと行き方


日本からは、オーストラリアの各都市に直行便が出ている。
ケアンズまで約7時間、ゴールドコースト、ブリスベンまで約8時間、シドニーまで約9時間、メルボルンまで約10時間。
主な航空会社はカンタス航空、ジェットスター、ヴァージン・オーストラリアなど。
シドニーやブリスベン、ゴールドコーストなどの主要都市からホバート空港(HBA)への便が出ているが、最も便が多いのはメルボルンからで、各都市からホバート空港までは所要1~2時間ほど。

空港からホバート市内への移動について

空港からホバート市内は約17km離れており、空港と市内を結ぶレッドライン社のエアポート・シャトルバスが、飛行機の発着に合わせて運行している。
このシャトルバスはホバート市内のトランジットセンター(Transit Centre)に着き、ここからタスマニアン・トラベル&インフォメーションセンターなどがある中心部まで徒歩10分ほど。

また、タスマニアの各地からホバードに入るレッドライン社のバスもトランジットセンターに着く。
ホバートから各国立公園や各都市へツアーに参加せず訪れる場合は、レッドライン社かタジーリンク社のバスを利用する。

通貨と言語とビザについて

オーストラリアの公用語は英語で、通貨はオーストラリアドル(A$)とオーストラリアセント(A¢)。
また、オーストラリアへの入国にはビザを取得するかETA登録が必要。
ETAに関しての詳細はこちら。
オーストラリアへの入国とETA登録方法

この世界遺産に関する詳細はこちら
タスマニア原生地域(オーストラリア囚人遺跡群):観光情報まとめ

気候に関してはこちら
オーストラリアの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
オーストラリアの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら