誰でも行ける?世界遺産ハワイ火山国立公園への行き方!

ハワイ火山国立公園とは?


ハワイ諸島の中で最大の島であり、ビッグ・アイランドの愛称で親しまれるハワイ島。
“火山の島”として知られるハワイ島には5つの火山があり、火山活動によって大きな島が形成された。
キラウエア山(標高1248m)は1983年の大噴火から休むことなく噴火を続ける、ハワイ島で現在も火山活動を続ける唯一の火山であり、地球上で最も活動の活発な火山と言われている。
この2つの火山を含むハワイ火山国立公園は、1987年に世界遺産に登録された。

日本からのアクセスと行き方


日本から直行便があるホノルル国際空港へは約7時間で、ここからハワイ島のヒロ空港まで約1時間。
空港からハワイ火山国立公園へは約45㎞あり、11号線をひたすら道なりに進むと入口に到着する。
空港からヘレオン・バス(Hele-On Bus)を利用して行くこともできるが、広い公園内は車で観光出来るので、空港でレンタカーを借りるのがオススメ。
空港ターミナルの正面にレンタカー会社の受付カウンターがあり、空港から公園へは簡単な道なので迷う事もないでしょう。

ヒロ国際空港で利用出来るレンタカー会社公式サイトはこちら
バジェットレンタカー
アラモ
エイビス
ハーツ
ダラー
ニッポンレンタカー提携先のナショナルカーレンタル

ハワイでの車の運転の注意事項

ハワイでは、入国1年以内であれば日本の運転免許証だけで運転ができる。
ただし、このことを知らない現地の警察官もいるようで、もし事故や違反をしてしまった場合、日本の運転免許証を提示しても認めてもらえず、国際運転免許証の提示を求められ、無免許運転と間違われトラブルになることがある。
また、入国1年以内という証明をする為に、パスポートの提示を求められることもある。
絶対に必要というわけではないが、国際運転免許証があると安心して運転できる。

ビザについて

アメリカへの入国は滞在期間が90日以内であればビザ不要だが、ESTAの取得が必要。
ESTAに関しての詳細はこちら。
アメリカ合衆国への入国とESTA取得方法

この世界遺産に関する詳細はこちら
ハワイ火山国立公園:観光情報まとめ

気候に関してはこちら
ハワイ諸島の気候とベストシーズン

基本情報はこちら
アメリカの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら