サウジアラビアへの入国とビザ取得方法

現在、サウジアラビアへの入国にはビザが必要だが、観光目的の日本人に対するビザの発給は行なっていないため、入国することはできない。
現在もビザの発給が行われているのは外交・公用・巡礼など。

外交・公用のビザはその名の通り現地での“業務用のビザ”なので旅行者が取得することはできない。
では、どうしてもサウジアラビアに行きたい旅行者はどうすればいいのか?
イスラム教徒になって“巡礼ビザ”を取得すればおそらく入国できるでしょう。

巡礼ビザの取得方法


巡礼ビザとは、各国のイスラム教徒がサウジアラビアのメッカ(Mecca)へ巡礼をするためのビザで、ビザを取得するにはサウジアラビア政府から認可を受けた旅行会社に申し込み、パッケージツアーに参加するという形でビザの発給を受けてサウジアラビアに入国できる。
巡礼ビザにはハッジ(Hajj)とウムラ(Umrah)の2種類がある。

  • ハッジ(Hajj)ビザ
    ヒジュラ暦第12番月にハッジ(大巡礼)を希望するイスラム教徒に発給される。
    西暦の日付は2017年は8/24~9/21。(毎年少しずつずれる)
  • ウムラ(Umrah)ビザ
    ヒジュラ歴2番月~9番月にウムラ(小巡礼)を希望するイスラム教徒に発給される。
    西暦の日付は2016年11月~2017年6月。(毎年少しずつずれる)

ハッジ・ウムラの巡礼ビザとツアーを扱う日本の旅行会社はこちら。
Mian International Travel
Air 1 Travel
No.1 TRAVEL×H.I.S
No.1 TRAVEL×H.I.S(PDF)

外交・公用ビザの取得方法


ビザを取得するには、まず現地での渡航者の受け入れ先から、サウジアラビア内務省ウェブサイトを通じて事前申請を行なってもらう。
申請から1~2週間後、結果をウェブサイトで確認してもらい、許可された場合はサイト上から招聘状をダウンロードしてもらい、現地の受け入れ先から送ってもらう。

渡航者はこの許可書や必要書類を持って駐日サウジアラビア王国大使館で申請を行う。
外交・公用ビザは申請者本人が大使館に出向くことになっているが、 国際交流サービス協会(IHCSA)からのみ代理申請を受け付けている。
公式サイトはこちら。
国際交流サービス協会(IHCSA)

外交・公用ビザ申請の必要書類は下記の通り。

  • パスポート
    入国時に残存有効期間が6ヶ月以上と、査証欄の余白が見開きで2ページ以上必要。
  • 証明写真2枚
    6ヶ月以内に撮影されたもの。
    縦5.0㎝×横4.0㎝で、背景が白。
    白いシャツの着用は背景と同化してしまうため不可。
  • 申請書
    ダウンロードはこちらから。
    ビザ申請用紙(PDF)
    駐日サウジアラビア王国大使館ホームページからもダウンロードできる。
  • 招聘状
    サウジアラビア外務省発給の10桁の許可番号が記載されたもの。
  • 英文会社推薦状
    発行から1ヵ月以内、日本の商工会議所のサイン証明があるもの。
  • 英文日程表
    往復フライト情報と宿泊先情報などが記載されたもの。

外交・公用・巡礼以外のビザは、サウジアラビア・ビザ・サービスセンター(VFS Tasheel International)で申請を受け付けている。
公式サイトはこちら。
VFS Tasheel International

最新情報はこちら
在サウジアラビア日本国大使館
駐日サウジアラビア王国大使館(旧サイト:日本語表記)
駐日サウジアラビア王国大使館(新サイト:英語・アラビア語表記)

基本情報はこちら
サウジアラビアの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら