韓国の気候とベストシーズン

韓国は日本の本州とほぼ同じ気候で、はっきりとした四季や梅雨がある。
北のソウルよりも南の釜山の方が暖かいが、韓国は日本の4分の1ほどの国土なので地域による気候の違いは少なく、基本的には日本にいる時と同じような服装で過ごせる。

ソウルの気温は夏は東京と変わらないが、冬は東京よりー5℃近く冷えるので防寒対策が必須となる。
釜山も冬の冷え込みが厳しいが、年間を通じて東京と同程度の気温。

春(3月下旬~5月)


近年は3月上旬でも雪が降るほど冷える日もあるが、下旬になると温暖で穏やかな日が多くなり、4月に入ると徐々に気温が上がり春の暖かさを感じられるようになる。

4月上旬は日中でも肌寒い日があるが、中旬~下旬には厚手の上着は必要なくなり、5月には汗ばむような日も増えるが、朝晩は冷え込むので薄手の上着があるといいでしょう。

夏(6月~9月上旬)


6月中旬になると徐々に雨が増え始め、下旬になると本格的な梅雨のシーズンとなる。
梅雨は7月末~8月まで続くが、湿気は日本より少なく、日本ほど蒸し暑さを感じることはあまりない。
ただし降水量は日本の梅雨より多く、1ヶ月の降水量はソウルで350~400㎜、釜山で250~300㎜ほど。

8月に入り梅雨が明けると季節は本格的な夏となり、気温も上がり日差しがきつくなるので、外出時は帽子やサングラスなどの紫外線対策をしていると安心。
韓国の夏は短く、8月末になると朝晩は気温が下がり、ソウルなどの北部では涼しく感じるほど。
9月に入ると日中でも夏の暑さを感じる日は少なくなり、季節は秋へと移り変わっていく。

秋(9月中旬~11月)


9月になると徐々に気温は下がり、日中は暖かい日でも朝晩は冷えるので薄手の上着が必要になる。
9月は台風シーズンでもあり、雨が降り続く日もあるので折り畳み傘やカッパなどの雨具があると安心。
10月になると雨は少なくなり、日本の秋のように紅葉シーズンとなる。

秋は寒暖差が大きく、日中は薄手の上着で過ごせても朝晩は冷え込むので注意が必要。
11月になると日中でも厚手の上着が必要なほど冷える日が増え、季節は冬へと向かう。

冬(12月~3月中旬)


12月は本格的な冬で、空気が乾燥して気温も下がるので日中でも防寒着の着用が必須となる。
1月は年間を通じて最も寒い時期で、ソウルなどの北部ではー10℃以下まで冷え込むこともある。
厳しい寒さだけでなく、降雪に見舞われることもあるので外出時は転倒などに注意が必要。

2月に入ると徐々に気温は上がっていくが、それでもまだ朝晩の冷え込みは厳しく、3月上旬までは防寒着が手放せない日が続く。
3月中旬~下旬になると徐々に気温が上がっていき、季節は春を迎える。

基本情報はこちら
韓国の基本情報

合わせて読みたい記事はこちら