韓国の基本情報

正式国名

大韓民国 Republic of Korea

国土面積

約10万㎢(日本の約4分の1)

首都

ソウル Seoul

人口

約5150万人

宗教

信教の自由が保障されており、国民の53.1%が何らかの宗教を信仰している。
そのうち、仏教42.9%、プロテスタント34.5%、カトリック20.6%、その他2.0%。
また、社会や文化に儒教の影響を色濃く受けている。

言語

公用語は韓国語。
英語の通用度は日本と同程度だが、旅行者の多い観光地では英語や日本語が通じる所も多い。

通貨

通貨はウォンで記号は₩。
国際通貨コードはKRW。

チップ

韓国にはチップの習慣がないので渡す必要はない。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方が良い。
飲料水は各所で売られているミネラルウォーターを。

電圧とプラグ

220Vの60Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形状はC型とSE型。(日本はA型)

習慣とマナーと反日感情

  • 習慣とマナー
    儒教思想の影響で先輩・後輩、目上・目下、年上・年下の上下関係が明確で、先輩・目上・年上の人に対しては日本以上に敬意が払われる。
    そのため、目上の人が同席している食事の場では先に料理を食べるのは好ましくない。
    食事の際、ご飯やスープの器を手に持ったり口をつける行為は行儀が悪いとされている。
    箸とスプーンを使った食事は、おかずは箸で、ご飯とスープはスプーンで食べるという作法があるが、旅行者が絶対に守らなければいけないわけではないので、気にしすぎる必要はない。
  • 反日感情
    日本という国に対して反日感情を持っている人でも“日本の料理やアニメは好きだ”という人も多く、日本人だから嫌がらせをされるということはまずないでしょう。
    しかし、三・一節(独立運動記念日:3/1)や光復節(独立記念日:8/15)には反日感情を持たれるような番組がTVで放映されることがあり、居心地の悪さを感じるかもしれない。
    また、竹島や慰安婦の問題もあり、デモ現場などには近づかない方がいいでしょう。
  • 使わない方が良い日本語
    “朝鮮”という言葉は、現在の韓国では一部の固有名詞以外では使われておらず、韓国人に不快感を与えることがあるので使わない方が良い。
    “親日派”という言葉は、韓国では“売国奴”と同義であることから、好意を持って接してくれた人に対しても言わない方が良い。
    “馬鹿野郎”という言葉は、日本統治時代に罵倒の言葉として使われていたという認識があるため使わない方が良い。
日本との時差

日本との時差はない。

日本からのフライト

日本の各地からソウルや釜山への直行便が出ており、フライト時間は札幌から約2時間40分、成田や羽田から約2時間30分、中部や関西から約2時間、福岡から約1時間30分。

ビザ

日本人の韓国への入国は、観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要。
パスポートの残存有効期間は入国時に3ヶ月以上必要。

気候に関してはこちら
韓国の気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら