インドネシアの気候とベストシーズン

インドネシアの国土は東西5100㎞、南北1900㎞もの広範囲に点在する1万7000もの島々からなり、気候は熱帯雨林気候とサバンナ気候に属するが、大部分は1年中高温多湿で蒸し暑い。
季節は大きく乾季(4~9月頃)と雨季(10~3月頃)に分けられるが、その変わり目ははっきりしておらず、近年は異常気象の影響でその境目がさらに曖昧になってきている。

雨が降らないわけではないが、観光のベストシーズンは乾季で、湿度もあまり高くならず過ごしやすい。
また、雨が少ないため海の透明度が高く、ダイビングなどのマリンスポーツやアクティビティにも最適。

雨季は雨が多く湿度も高くなるが、だからと言って観光に適さないという訳でない。
日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことはあまりなく、スコールのような激しい雨が降り、短時間で止んですぐに晴れ間がのぞくことが多い。
また、年末年始を除けば航空券やホテル代も割安で、南国のフルーツが美味しいシーズンでもある。

地域別の気候と特徴


ジャワ島

海洋性熱帯気候に属し、11~3月が雨季、4~10月が乾季となる。
ジャカルタの平均最高気温は32℃、最低気温は25℃前後なので日本の夏の服装で過ごせる。
しかし、雨の後は気温が下がることもあり、標高の高い地域では朝晩は冷え込むこともあるので、薄手の上着があると安心して過ごせる。

年間降水量は2000㎜前後で、乾季の1ヶ月の降水量は100㎜以下の月がほとんどだが、雨季には200㎜以上の雨が降り、最も雨の降る1月の降水量は400㎜以上になる。

バリ島

サバンナ気候に属し、11~3月が雨季、4~10月が乾季となる。
デンパサールの平均最高気温は32℃、最低気温は23℃前後で、赤道直下のため年間を通じて暑い。
しかし、ブサキ寺院、キンタマーニ高原、ブドゥグルなどの高地では朝晩は冷え込むので上着が必要。
雨季の雨は短時間で止むスコールがある程度だったが、近年は異常気象の影響で朝晩にシトシト降り続くこともたまにある。

年間降水量は2000㎜を超え、1月には500㎜以上の雨に見舞われることもある。
それ以外の雨季の1ヶ月の降水量は200㎜、乾季は100㎜前後。

ロンボク島

10~4月が雨季、5~9月が乾季となるが、降水量は他の地域より若干少ない。
マタラムの平均最高気温は31℃、最低気温は22℃前後だが、標高3726mのリンジャニ山や周辺の高地では朝晩はかなり冷え込むので防寒着が必要になる。

年間降水量は1500㎜前後で、1月に大量の雨が降ることはなく、雨季の降水量は毎月150~300㎜ほど。
乾季は雨が少なく、1ヶ月の降水量は多くても50㎜ほど。

ヌサ・トゥンガラ諸島

ヌサ・トゥンガラとは“南東の島々”という意味を持ち、大小約1000もの島々からなる。
11~4月が雨季、5~10月が乾季で、熱帯モンスーンの影響で東に行くほど雨が少なく乾燥している。
ティモール島の中心都市クパンの平均最高気温は32℃、最低気温は22℃前後なので日本の夏の服装で過ごせるが、標高の高いフローレス島西部は朝晩は冷え込むので防寒着が必要になる。

年間降水量は1500㎜前後で、雨季には毎月200~300㎜ほどの雨が降るが、乾季はほとんど雨は降らない。
また、フローレス島東部の年間降水量は1000㎜以下で特に雨が少ない。

スマトラ島

南北2000㎞に広がるスマトラ島は、日本の約1.25倍もの大きさを誇る巨大な島である。
季節は地域によって若干異なるが、特に雨の多い雨季が12~3月、比較的雨の少ない乾季が5~9月となる。

年間降水量は島の東部が2000㎜前後なのに対し、西部のパダンでは4000㎜を超える。
西部では、雨季には1ヶ月に500㎜を超える雨が降り、それ以外の時期も毎月300㎜近い雨が降る。
平均最高気温は31℃、最低気温は23℃前後で、平野部であれば地域による気温の差はあまりない。
しかし、多くの観光スポットは高原地帯にあり、朝晩は冷え込むので防寒着が必要になる。

スラウェシ島

インドネシアのほぼ中央に浮かぶこの島は赤道直下に位置し、11~4月が雨季、5~10月が乾季となる。
島の北端の都市マナドの平均最高気温は31℃、最低気温は22℃前後だが、タナ・トラジャなどの山岳高原地帯では天候が不安定で、1日の中で大きく気温が変化することもあるため防寒着を用意した方がいい。
年間降水量は2000㎜前後で、雨季には毎月200~300㎜、乾季でも毎月100㎜前後の雨が降る。

ボルネオ島(カリマンタン)

世界で3番目に大きな島であるボルネオ島は熱帯雨林気候に属し、一応10~3月が雨季、7~9月が乾季となっているが、雨季以外にも雨が多い特徴がある。
西部の都市ポンティアックの年間降水量は3000㎜前後で、雨季には毎月300~400㎜、それ以外の時期にも毎月200㎜近い雨が降る。

平均最高気温は32℃、最低気温は22℃前後だが、気温は島の東部に行くほど低くなる傾向があり、訪れる地域によっては薄手の上着があると安心でしょう。

ニューギニア島(パプア)

世界で2番目に大きな島であるニューギニア島は日本の約2倍の面積を誇り、西側がインドネシア領のパプア、東側がパプア・ニューギニアとなる。
気候は乾季と雨季のはっきりとした違いは感じられず、南東貿易風の影響で比較的乾燥して過ごしやすい5~9月が観光のベストシーズンとなる。

地域により差もあるが、この時期に雨が降らないというわけではなく、年間を通じて毎月150~300㎜ほどの雨が降るので、全く雨が降らないシーズンはないと思った方がいい。
平均最高気温は30℃、最低気温は23℃前後で沿岸部は高温多湿だが、5000m級の山々に囲まれるワメナなどの山岳地帯を訪れる場合は防寒着が必須となる。

基本情報はこちら
インドネシアの基本情報

ビザに関してはこちら
インドネシアへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

合わせて読みたい記事はこちら