海路で入国できるブルネイ~マレーシア間の国境とルート

ブルネイ~マレーシア間は、外国人に解放されている国境がいくつかあり、日本人もこの国境を通過して両国を行き来することができる。
海路の場合は、マレーシアのラブアン島とブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンを結ぶボートやフェリーが運航されており、これらを利用して移動するのが一般的である。
また、両国への入国は観光目的であればビザは不要。

ラブアン島(Pulau Labuan)~バンダル・スリ・ブガワン(Bandar Seri Begawan)へのルート

現在は毎日9:00~16:30の間で5便の運航で、両国の都市を所要約1時間で結んでいる。
出入国審査や手続きは、それぞれのフェリーターミナルのイミグレーションで行われる。
船が発着するのは、バンダル・スリ・ブガワン郊外のスラサ・ムアラ(Serasa Muara)にあるエクスプレス・フェリーターミナルで、市内からここまでバスで約1時間、タクシーなら30分ほどで着く。

ラブアン島は、島最大の町であるバンダル・ラブアン(Bandar Labuan)にフェリーターミナルがあり、ここからブルネイ行きの船が発着している。
島とマレーシア本島を結ぶフェリーは、コタ・キナバル市内のジェッセルトン・ポイント(Jesselton Point)から出ており、所要時間は3時間30分ほど、現在は毎日2便の運航となっている。
また、マレーシア国内からコタ・キナバルへは、各地の空港から国内線のフライトがあるほか、ボルネオ島の各都市と長距離バスで結ばれている。

陸路での国境越えに関してはこちら
陸路で入国できるブルネイ~マレーシア間の国境とルート

基本情報はこちら
マレーシアの基本情報
ブルネイの基本情報

気候に関してはこちら
マレーシアの気候とベストシーズン
ブルネイの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら